クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー

<   2005年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

充実した一日でした

今日は宮城県吹連の課題曲講習会でした。スーパーバンドのメンバーとしてでるのは何度目でしょう。浪人中にトラで出たときも含めると5,6回は出ています。
講師は恩師の加養先生。今年は指揮や音楽が一層深みを増してきたように見えました。随所に音楽から過剰な要素を省こうとする姿勢があって、感嘆しました。いまでもこの先生は成長を続けていると思うと、自分もいくつになっても伸び続けていきたいと願うばかりです。また、相変わらず、お話が上手であきさせません。意外と、生徒さんに向かって曲の解説をするのって難しいです。指導者対象ならポイントが絞りやすいのですが、でも、さすが先生はポイントをはずさず、笑いもとり、勉強にもなりました。私はほとんどの曲で下のパートを持っていたのであまり必死に吹くこともなく、落ち着いて吹き、感じることができました。
それにしても、講習後まで熱心にパート譜を持って質問にくる生徒さんの目が輝いていてうれしくなります。今日一日で2000人が聞きにきたとか。ふと思ったのですが、吹奏楽コンクールって県内だけでも何万人参加しているんでしょう? 課題曲を演奏する人だけでも数千人いるわけですから、結構な人数です。二万人いたら県人口の約1%ってことで、これだけの人数が参加するイベントってそうそうないですね。もっと注目されてもいいのに。

そして、講習会後はオケの初練習、緊張しましたが、いいオーケストラを指揮させてもらえることに喜びを感じました。アマチュアオーケストラではめったに取り上げないラヴェルの「クープランの墓」なかなかいい演奏が期待できそうです。木管にすばらしいソリストを抱えているのでとても楽しみです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-05-30 00:48

リード製作初体験

今日は師匠の千石先生のお宅で、リードを作るという体験をしてきました。まず、丸材(一番左)を4つに割り(左から2番目)、裏をカンナとヤスリで平らに削り、側面をヤスリで落とし、真ん中のあたりからノミとヤスリで削り、仕上げました。2枚作ったのですが、一枚は失敗。もう1枚のほうはかなりきれいにできました。(右から2番目) ちなみに一番右は市販のリードです。自作リードはまだ先端が厚く、これから微調整しながらふけるようにしていくといいとのことです。吹いてみたら4半ぐらいの感じでした。

自分が日常的に作るかどうかは別としてもとても勉強になりました。とりあえず、丸材から切り出したけど削ってない6枚を作ってみようと思います。その中でどのへんがあついとどうなるとか分かったらいいですね。クラ吹きにとっては永遠のテーマであるリードです。昔はよく市販のものを削って使っていたものの、結局、削ってもうまくいかず、そんな時間があったら練習したほうがいいのと、リードにこだわりすぎるとそのほかの大事なことを忘れてしまうことが多いので最近はわざとこだわらず、どのリードでもある程度のコンディションを保てるようにしてきました。とはいえ、リードって、この資本主義社会で「買っても半分は棄ててしまう」という超効率の悪い代物です。よく、学校現場からなんとか10枚とも使えないかというご相談をいただくのですがこればかりはちょっと難しいです。不思議と1枚1枚まったく違うし、だめなものは最後までだめです。以前、お酒につけるといいとか、牛乳につけるといいとか、いろんなうわさがありましたがどれもはずれ。だめなリードがよくなる魔法はありませんでした。ただ、鳴りが少しよくなる程度ならフランス産ミネラルウォーターがいいようです。これは数年前日本吹奏楽学界の研究紀要にデータがありました。私は本番前だけ30秒ぐらいつけます。つけすぎるとなんとなく怖いので(あくまで私的な意見です。長時間つけたほうがいいというクラの先生もいるようです)ほとんどおまじない程度です。

最近は初心者への指導が多い時期ですが最初からいいリードで吹くことは大切です。悪いリードで吹くと悪い癖をつけます。ぜひ初心者にもいいリードで吹かせてあげましょう。
c0002528_21175420.jpg

[PR]
by clarinette-kanou | 2005-05-24 21:17

春の奏音

昨日、はさま吹奏楽団・アポロ吹奏楽団・若柳ウインド・オーケストラの3団体による合同演奏会「第4回 春の奏音」が登米祝祭劇場「水の里ホール」で開催されました。
はじめに各団体の単独ステージ。そして、後半は3団体の合同ステージで、私ははさま単独では マーチ「春風」、稲穂の波、パイレーツ・オブ・カリビアンの3曲を振り、合同ではスカイハイ、エル・カミーノ・レアル、ノーモアクライを指揮、そして、「シング・シング・シング」のクラソロまで吹くというけっこうハードなプログラムでした。
現在アポロ吹奏楽団の常任になられた高校時代の恩師、佐藤公一郎先生と思わぬところで競演ができました。恩師の棒はやっぱり音楽的で、合奏の合間にお話しすることも昔と変わらず、私も高校生に戻ったように合奏に参加していました。
はさま吹奏楽団とのおつきあいも3年目、昨年のこの演奏会、定期演奏会に続いて3度目の演奏会で少しずつ、分かってきたような気がします。あまり早急にものごとを動かすのは得意でないので徐々に慣れていっています。
合同での「エルカミ」は結構な高速テンポで行ってしまいました。自分でも振り始めてからびっくりしてしまいました。実際、演奏中、休みのときに苦笑する方がたくさんいて、心のなかで「あ~ すいません(>_<) でも、いいテンポ!」って思ってました。本当にいいテンポでした。特に最後のほうの中間部のテーマの再現のところ、気持ちよく踊らせていただきました。
一般の団体に関わるようになり、以前よりも吹奏楽が社会にそのように接していくか、そして、小・中・高での吹奏楽活動の行く先としての一般バンドがどれだけ活発になれるかというのは吹奏楽が本物の文化として根付いているかの基準のひとつになると思うようになりました。本当はもっと社会人吹奏楽団はあっていいのではないでしょうか。レベルにしても、コンクール志向にならなくても、親子で一緒に演奏できるような環境や地域と密接に関わっていけるバンドがあっていいし、これからはシニアバンドもできてくるでしょう。(実際、大先輩の講師の方が仙台にシニアウインドアンサンブル」というのをつくっていらっしゃいます) より多くの人たちが一生音楽を財産に生きていけるよう、日ごろのレッスンや演奏をがんばっていきたいです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-05-23 23:00

電車で

昨日は山形の吹奏楽連盟の総会後の研修会で講師をしました。
クラリネットの手入れのコツとマウスピース、リガチャーの吹き比べをしました。なかなか面白いもので、5種類ならべたリガチャ-はどれもはっきり分かる個性の違い。あえて、私は「これがいい」という言い方はしないできました。先生方はどのような感想をもたれたのでしょうか。気になるところです。

会場が駅前のテルサということもあって、今回は電車で行きました。ガタンゴトン揺られて風景を見たり読書するのが楽しく、充実しました。電車での移動は大好きで、学生時代はよく青春18きっぷで往復常磐線で帰省したものです。さすがに仕事になってからは車が多いですが、たまには電車、本当にいいものですね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-05-18 00:13

鶴岡の講習会でした

昨日、今日は鶴岡の楽器別講習会に行ってきました。
道中の月山道路がまだ雪が残っていてなかなか絶景でした。つい風景を見て運転が危なくなってしまうぐらいきれいで、誰かの運転で通ってみたいところです。
山形道を走っていると宮城と山形で緑が微妙に違う気がします。気のせいなのかもしれませんが、山形の緑のほうが鮮やかに感じました。それにしても、庄内に行くときはいつも風景がきれいで癒されます。日本の原風景って感じです。

講習会も、充実しました。特に中学校2年生のクラスがハイレベルでした。毎年行っていると毎回同じ話ばかりしているのではないかと思って恐縮ですがみなさん、我慢してよく聞いてくれました。今日は自分が酒臭いのではないかとひやひやしましたが… 昨日受講してくれた高校生はなんと中・高で5年間のうち4回私のクラスだったとか。毎回必ず受講生に提出してもらうアンケートに書いてあってびっくりしました。今回は特に好評のアンケートが多かったように思います。ありがたいことです。

明日は山形県吹連総会後のリペア講座の手伝いをしにいってきます。なにやら、リガチャーの吹き比べをして聞かせるようです。なかなか面白そうです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-05-15 21:46

うちのネコです

画像を入れてみました。うちのネコ「しずか」(♀)ちゃんです。
ポットの上にいるのが好きなので携帯でとってみました。
なかなかカワイイです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-05-12 14:17

GWも終わり

それにしても疲れるGWでした。
というのも、掲示板にも書きましたが居酒屋に4回、ファミレスに5回、という超不健康な食生活と不規則、夜更かし、30歳近くなって恥ずかしいですが…

仕事としては酒田に行ったり弘前に行ったり、昨日一昨日は佐沼だったり遠出が続きました。
その間に3日の本番があったり(かなりひどい演奏をしちゃいました…)映画に行ったりしてました。今日、やっと一息ついていろいろな雑用などをしています。

22日にはさま吹奏楽団、アポロ吹奏楽団(栗原市)、若柳吹奏楽団(同)のジョイントコンサートがありますが、そこで、恩師の佐藤公一郎先生と共演します。エル・カミーノ・レアルを振ったあと、シング・シング・シングのクラソロを吹きます。それにしても、今年はなんという年でしょう。1年に3回も、オケとか、バンドどかのソリストやるなんて。でも、本番が多いのは本望なので一つ一つこなして行こうと思います。

昨日の合奏では1年ぶりに恩師の棒で吹き、懐かしい思いでした。が、自分では意識がないのですが、ソロの長さが毎回、違っていたとか… スミマセン。さらっときます。
登米のほうに本格的に関わって2年目ですが、少しずつ、動きも見え始めてきているように思えます。ですが、まだまだこれから。佐沼はよいところです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-05-09 15:37

今日は

今日はジャズフェスのプレイベントでの演奏です。仙台・一番町ホテルユニバース前で14:20から3本のクラとピアノによるボサノヴァとシャンソンの演奏をします。一緒に吹くのは音楽コーディネーターの大畑さんと私の弟子二人。ぜひ聞きにきてくだい!

7月18日、国際クラリネットフェスティバル多摩のプレイベントに仙台クラリネットアンサンブルとして出演することになりました。アジア初のクラリネット界のオリンピックのような大イベントです。プレイベントとはいえ、4つの音大のクラリネットクワイアに混じってサマーコンサートのメンバーで演奏します。これからその旅行の手配をしなくてはなりません。それにしても今年は大舞台が目白押しです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-05-03 01:49