クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

あすなろコンサート

昨日は岩手県江刺市のとある中学校で音楽ユニオンの「あすなろコンサート」をやってきました。これは生徒数が少なく、単独では生演奏の団体を招聘できない学校対象の派遣コンサートで、今年は昨年にひきつづき、チェロの塚野さん、ピアノの神谷さんと一緒に演奏してきました。
学校は山の中で、素晴らしく空気のいいところでした。できることなら1泊ぐらいしてみたい感じの山村で、子供たちもとても純粋に喜んでくれました。

そこで、給食を食べたのですが(実に、学校給食を食べるのなんて自分が中学生のとき以来!) 牛乳がかわいかったので写真にとってしまいました。本当に不○家の牛乳なんですね。c0002528_21292723.jpgc0002528_23421481.jpg
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-27 21:29

感動って

今日、話題の「ブラスト」仙台公演を見に行ってきました。
午前中の仕事がちょっとかかってしまって、会場付近まで車で行くのは危険と判断し、北四番丁から地下鉄で行ったら15分遅刻でした。
でも、パフォーマンスの凄さといったらもう、それは言語に絶するものでした。
楽しい、最高に楽しいのですが、何度も泣きました。よく分かりませんが涙が勝手に出てきて、周りの人に見えないかと心配でした。
その後もずっと興奮しっぱなしでした。やっと今になって落ち着いています。

さあ、来週、演奏会ウィークが始まります。
明日夜、岩手に旅立ち、あさっては江刺の小学校で室内楽、今年もチェロの塚野さん共演できるのがとても楽しみです。
水曜は県庁ロビーコンサートでクラリネットアンサンブル。そして、その夜と翌日の夜は、アエルのホシヤマ珈琲店でのコンサート。こっちはいろいろと趣向を凝らしてクラリネットを楽しむためのプログラムを考えました。とある在仙の大物音楽家も聴きに来るということで練習にも気合が入ります。最近クラリネットを吹くのも音楽をするのも楽しくてしょうがないです。ありがたいです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-25 00:44

靴下

今日、初めて短い靴下を履いて外出してみました。
若い人(まだ私も20代ですが)がはいているのを見て、買ってみたのですが、なかなか良いですね。はじめは脛毛が見えてあんまりよくないと思っていたのですが、はいてみると普段はいているのと違って足首が自由な感じ。これは楽ですね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-21 21:57

アクシデント続き

昨夜、22:30ごろうちの姉が急に体調の不良を訴えたので市の急患センターに連れて行ってきました。どうやらお腹に風邪のウイルスが入ってしまったらしく、吐き気と下痢、熱がひどいようです。
そのため、点滴。その間、付近を散歩したりしました。舟丁・河原町は5歳まで住んでいたところで、その後も、頻繁に通るところです。高校時代は通学路でもありました。幼少の頃よくいった広瀬川の宮沢緑地にも行ってきました。こうしてみると、人生の節目節目で広瀬川が登場してくる気がします。今は別に節目ではありませんが、いままで、なにか辛いことがあったりするとここに来ていました。

いまではカラオケで「ひろせがわぁぁぁぁ~」と歌う程度なんですが(笑)

結局、終わったのは3:30ごろで、それまでテレビを見たり本を読んだり、居眠りしたりで、そこそこ楽しく過ごせました。NHKのシルクロードの再放送は歴史好きの私にはたまりませんでした。

姉のほうはいくらか顔色がよくなったものの、まだ安静が必要な感じ。

そして、帰って一眠りし、PCでいろいろな作業をしていたら、午後の仕事のキャンセルのメールが。いつもいっている小学校なのですが、付近で不審者が一般人にナイフで切りつけるという事件が発生し、集団下校になってしまったとか。残念。仕方がないのでスポーツクラブにでも行ってから練習ことにします。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-21 12:05

自然の中で

昨日はクラリネットの仲間と秋保に芋煮会に行ってきました。
川べりには若いにーちゃんたちが半裸で岩から川に飛び込んでいて、着替えもってこればよかったと思いましたがさすがに車の中を汚したくはないので足だけ水につかり、水切りをして遊んだ入りしてきました。
やっぱり外で食べる芋煮はサイコーです。
その後、温泉に入り、まったりして帰ってきました。

一昨日は、夜月があまりにきれいだったので家にいるのがもったいなくて村田までドライブしてきました。とある神社で川の流れる音と虫の声を聞きながら見る月はしばらく感じていなかった落ち着きを感じさせてくれました。

さて、今週は練習・練習です。
明日はかなり久々の木管五重奏のあわせ。楽しみです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-19 10:59

選挙でしたが

昨日は選挙でしたが、私は投票をした後、イズミティで吹奏楽の東北大会、一般の部を聞いてきました。

選挙の結果は予想以上でしたが、圧勝ということはこれから4年間は現政権のやりたい放題にできてしまうということに一抹の不安をぬぐいきれません。チェック機能が働かなくなったとき、たいていの人間は誤った方向に行くことが多い気がします。
それに、そもそも、現在の政治などという大変に難しくて当然なものを不気味なほど分かりやすく、ほかの点を無視してまた、たくさんの人がそれを歓迎してしまたということも、疑問です。
アメリカ一辺倒の外交や、少子化など、徐々に、巧妙に危険な方向に流れているところもあると思うのですが…

昨夜、とある先輩と会い、大変夢のある話を聞かせていただきました。
少しエネルギーが減退気味だったのでパワーをもらった感じがしました。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-12 09:45

ジャズフェスですが

今日は午前中某小学校で合奏指導。

その後、D2に買い物に。自転車の空気ポンプが壊れていたので新しいのを買いました。
昨日、音楽教室(サンリツ一番町センター)に自転車で行こうとしたら空気があまり入ってなくて、ポンプを持ってきたら壊れてる。。仕方がないので車で出勤。金曜日の教室は長時間なので駐車代の節約が重要で、最近、メディアテーク裏の駐車場なら8時間まで1000円ということが分かり、ちょっと遠くてもそこにとめます。(ちなみに、夕方以降のときは北四番丁の駐車場がなんと90分100円!!)

午後は自分の練習。先日、あるクラリネット奏者と話をしていて、「練習って自分の欠点見なきゃいけないからいやですよね」
なるほどと思いました。できることなら練習なんかしたくないです。だけど、イメージに近く吹くには練習して、弱点を減らしていいところをより伸ばすしかないです。

夕方はジャズフェス見物しに街中へ。去年は演奏したけど今年はお休みしました。来年は再び演奏したいです。でも、雨は降るし、ちょっとお酒が飲みたくなったので友人と飲みに。このペースで飲んだらいくらジム通いしても痩せなさそう…
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-10 23:54

読書の秋

台風が過ぎたらすっかり秋になってしまいました。
秋は好きな季節で、夜の虫の声を聞くと落ち着いた気分になります。

芸術の秋、食欲の秋、読書の秋、今年は全部やってみようかと思っています。先月下旬から読書ずいていて、今5冊の本を読んでいます。小説、エッセイ、料理などですが、知人にすすめられた「夏の庭」という文庫がなかなかいいですね。

この秋は本番がたくさんあり、充実しています。室内楽、ソロ、吹奏楽の指揮と、やることもおおいですががんばります。

昨日、生徒たちと話していて、とても楽しみにしているようなので2月の発表会の準備もそろそろ始めないといけないですし、なにより、来年、リサイタルはどうする! という重大な問題もあります。今年は日演連だけで十分きつかったのでお休みにしましたが来年はなにかしたいです。ただ、リサイタル、やっぱり大変です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-09 11:01

びっくり

一昨日のことですが師匠や楽器店さん、自衛隊の方と飲みました。
そのとき、でてきた「ソイ」の刺身の写真です。
店内の生簀から上げてすぐにさばくのだそうで、こんな姿になっても時々、はねたり、口をパクパクするんです。それも、頭が私の方にむいちゃってるから飲んでいる間、ずっとソイのやつが動くたびにビビッてました。
でも、刺身はとても美味で、なかなかはまりそうです。
c0002528_1147596.jpg

[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-08 11:42
昨日、オケセンの演奏会を振ってきました。
弦楽器の知識がなく、音楽のこともまだまだ不勉強で、何度も迷ったり、リハーサルでは団員の方に鋭い突込みを入れられて答えられずタジタジになったり、曲の表現、棒の振り方、話し方、身振りなど、どうしたら良いのか分からないことだらけの中での本番でした。
上記のように頼りない指揮者だった危機感からか、団員の前日、当日の集中力はすばらしく、本番はすばらしい出来栄えでした。
ひたすら、感謝、感謝、感謝。
一生のうちにベートーヴェンのシンフォニーをステージで指揮することができるなんて、夢のようでした。私は幸せです。それも、最後の音が終わった瞬間の盛大な拍手。
すばらしい経験をさせてもらえました。

今年は仙台フィルと共演できたり、オーケストラを振ったり、20代最後の年にしていままでの集大成のような本番をできました。この中継地点をよく反省して、次につなげて行こうと思います。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-09-06 00:55