クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

寒いですね

今日は弘前の楽器講習会に行ってきました。
昨日、新幹線、特急白鳥、在来線を乗り継いで弘前に入り、今日は午前140分、午後140分、計280分メンバーチェンジなしというすごい講習会でした。こんなに長いと生徒さんも大変だったのではないでしょうか。
内容的には充実してできました。一つ一つの説明をじっくりやって、一人づつ吹く時間も長く取りました。最後に書いてもらうアンケートも好評で、ありがたいことです。

数日前まで関西にいたので、東北と関西のいろいろな違いを観察するのが面白いです。
特に、言葉による性格の違い。関西弁になると饒舌になうのってよく分かりますね。

今日弘前で聞いた方言に「わ」というのがありました。英訳すると I またはYou 。なんと、一人称も二人称も「わ」というそうなんです。まあ、「ワレ」とか「自分」とか「ぼく」とか、一人称でも二人称に使われる言葉はありますがあんまりいいニュアンスじゃないですね。
なんとなく、東北人のよく言えば共同体意識、悪く言えば境界線のあいまいさが端的に現れているなと関心です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-30 23:01

そして日常に帰り

今日は金曜日なのでサンリツセンターの日。
コンクールで刺激を受け、京都で羽を伸ばしたせいか、イメージが好調。ただ、自分のプレイはリハビリ中。年々、休んだときのあとの落ち方がひどくなる。
来月からホシヤマ珈琲本店さんでソロのライブを定期的にやることになりそうで、そこでやる予定のバッハの無伴奏チェロ組曲のクラ版をさらい始める。ここでは今後、自分だけでなくいろいろなプレイヤーの方に登場していただこうと思っています。さし当たって自分でやってみて、雰囲気がつかめてきたらほかのプレイヤーを募集しますので興味のある方はメールください。

最近、日本歌曲の素晴らしさを見直しています。
ナクソスの「日本の旋律」というCDがきっかけなのですが、「この道」や「朧月夜」など本当に美しい。
でも、「最近日本歌曲にはまってるんだよね」などとはなかなか言えないものです。
やはり、自国の文化は大切にすべきだと思います。私は西洋音楽を仕事にしていますが、日本の音楽も外国の音楽と同じ価値を持っていると思っています。
「名ピアニストがあなたに伝えたい100に言葉」という本でアンドラーシュ・シフがこの話題について言及しているのですが、
「私は愛国的ではない。自分はコスモポリタンと考えていて、ナショナリズムは排除されるべきだと思っている。しかし、だからといって、自分のルーツを忘れることとは違う。たとえば日本を見ると、恐るべき規模でアメリカナイズされている。独自の文化を失いつつある。私は日本の民謡をどう歌えばよい日本の音楽家にあった」
自国の文化を大切にしない国として日本が登場しているのが寂しいですが、この考え方が必要なのかと思います。ナショナリズムと文化的なものは切り離す。

ともかく、この秋は日本の歌を聴きながら夜長を過ごすことにします。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-29 00:46

京都旅行記2

京都二日目。
この日は久々に朝ゆっくり。
一応音楽家とはいえ、日ごろは8:00ぐらいに起きる生活をしているわけですが、オケマンはさすが、9:00でも早いそうです。
10:30にレンタサイクルに行き自転車を借りる。そのままとりあえず去年行って気に入った青蓮院。平安後期創建以来初の御開帳を見ることができました!
そして、清水では「菩薩胎内めぐり」というのをしてきました。左手の手すりだけを頼りに真っ暗な廊下をまさに手探りで歩き、途中、梵字の刻まれた石だけが明るくなっているのでそこに触って願い事をし、また地上に出てくるというもの。岩出山の感覚ミュージアムにも似たようなものがありますが、さらに真っ暗で、スリリング。
舞台では普通に景色を見て、水を購入(下の泉は水道水で、本物の湧き水は別売りなのです)一瓶300ML500円。ワイン並み。それに、ガラスなので重い。
清水は賽銭箱だらけで、あっという間に散財してしまいそうです。良縁を授かるようにお祈りし、出てきました。
その後、リヴァー・オリエンタルで昼食。普段じゃ食べないコース。ちょっとリッチな気分。
あとは祇園観光。「祇園 石」でご利益のありそうな貴石を購入。ちなみに、凄いお店で、クリスタル製の大きなカップ(大きな優勝カップぐらい)がなんと10,000,000円でおいてあり、とてもその周囲50cmには近づけませんでした。

おおよそ寺社仏閣がしまる時間になったら「イノダコーヒー」本店へ。名店のコーヒーを楽しみ、夜はI君のお友達のチェリストに錦市場付近のラーメン屋に連れて行ってもらいました。

最終日は7:05京都発のバスで空港へ。飛行機からの眺めは最高で、特に会津の鶴ヶ城、猪苗代湖、磐梯山は本当に美しかったです。

といわけで、久々に音楽のことをまったく忘れて羽を伸ばしました。
 
 
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-29 00:20

かえってきました。

1週間の関西旅行から帰ってきました。
コンクールのほうは… やはり準備不足のまま行ったので散々な演奏をしてしまいました。
ただ、よかったことは知り合いが増え、何年かぶりに親しくお話できた人がいたことでした。
あとは東条町を満喫してきました。ホテルもいいところで、蟹をたくさん食べ、夜は飲んだくれ、昼は歩いて30分のところにある国宝のお寺を見に行き、満喫できました。
自分のことを棚にあげてコンクールを聞いた感想、まず、音やスタイルは千差万別で、きっと審査も割れたことだろうと思いました。それと、やはりモーツァルトとブラームスは難しい。ということでした。コンクールは若い人のものだからそういった渋い曲が難しいのは当然のこととして、それだけでなく、単純に音程やリードの問題って大きいです。本選にのこる人たちですらそうなのだから相当難しいのだと思います。

京都は、いいところでした。ほとんどグルメツアーで、前回書き込みしたビストロだけでなく、鴨川、先斗町の「リヴァー・オリエンタル」というフレンチでもランチしました。
写真はいわずと知れた金閣です。初日は金閣、竜安寺、嵐山を観光しました。
朝、京都駅前のスタバで4人でコーヒーを飲んでいたらなんと、女性陣が隣のドイツ人の女の子と仲良くなってしまい、盛り上がりました。私はそのお母さんと英語・フランス語ごっちゃの会話をしていました。(この人、英独仏全部できるんですね。すごい)なんでも、チューリヒから来たそうで、高山と東京ディズニーリゾートにいってから京都に来たとか。
久しぶりに外国の方とお話できました。ちなみに、京都はほとんど外国のようでした。
で、金閣へ。
c0002528_131116.jpg

4人で一字写経もしてきました。

c0002528_13192392.jpg

その後、竜安寺で石庭をみて、嵐山へ、京福電鉄で旅情を味わい、嵐山駅では足湯にも入り、あとは町を散策、京都はどこに入るのもオカネがかかりますが嵐山は町を歩くだけで楽しいですね。ちりめん細工に感嘆し、風情を満喫。
その後、女性陣は東京に出発。
夕食は地下街の洋食屋で。I君と数年ぶりにゆっくりお話できました。お互い、この10年がんばれたことを喜び、これからの夢についてかたりました。

続きはまた
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-27 13:22

From Kyoto

今日は京都からの書き込みです。
今日まで兵庫県東条町で日本木管コンクールでした。自分自身は1次予選で落ちてしまいましたが最後まで聞いてきました。コンクールの感想はいずれここに書きます。

本選を聞き終わった後、バスで新大阪に向かったのですが、なんと宝塚付近で事故渋滞! 倍の時間がかかってしまいました。

本当は一人旅で秋の京都をしんみり回るつもりでいたのですがコンクールに着てみたら親友でT響のI君と尚美の後輩のIさんも同じことを考えていて、なんとI君とは予約していたホテルまで一緒!という偶然が重なり、明日あさってはそれにここで知り合ったMさんと4人で観光することになりました。
京都到着後すぐに烏丸四条付近の某レストランへ。去年着たときに後輩に連れて行ってもらって気に入ったお店です。ガイドブックなどには載らない、かなり穴場。ものすごく、おいしく、量が多く、また安い! 京野菜をアレンジした料理をたくさんいただきました。
明日は金閣、嵐山に行く予定です。
10月はまったく休みなしで仕事をがんばったのでここで少し楽器のことは忘れて楽しみたいと思います。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-23 23:40

セレブな仕事

昨日、JKフィルデビュー戦無事終わりました。実は東京での仕事デビュー。
横浜大さん橋でのボルボ・プレミアム・プレゼンテーションというイベントで、車の発表の前にファッションショー。コシノジュンコさんを生で見ることができました。
そのショーの中での音楽を担当するオーケストラとしての仕事だったのですが、蝶々婦人や魔笛からの抜粋で、素晴らしいソプラノと共演で、その声に圧倒です。
まずまず、それにしても、凄い大イベントでした。会場中はまさにセレブな雰囲気。普段は目にすることができない人たちが集っていました。

それにしても、モデルさんのスタイルの美しさには驚嘆するばかり。ため息ですね。

写真はリハーサルのときのステージからのものと、客席後部からのものです。中央の通路でファッションショーや車が通ります。オケはなんと2つに分割されてしまい、アンサンブルにとても苦労しました。
明日からコンクールを受けに兵庫に行って、そのついでに京都で遊んでこようと思っています。
家には来週帰ります。c0002528_155424.jpgc0002528_161045.jpg
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-20 01:06

from tokyo2

先ほどの書き込みの後、渋谷に行って元生徒と食事をする予定がその子の大学の事情でキャンセルに。渋谷までは行ってしまっていたのでCDを漁る。フルートのパユがクラリネットのポール・メイエ(ものすごく好きなプレイヤー!)が演奏するフルートとクラの二重奏曲のマイナーな曲(そもそもフルートとクラの二重奏そのものがマイナーなのですが)のCDを買い、あとはさっさと旅館に戻りました。部屋はかび臭いものの、面白いところです。外国人が多いみたいで、いまこの書き込みをしている最中も傍らで英語の夫婦の会話が聞こえてきます。いまどき珍しい日本的な旅館で、昔ながらの商店街の中にあり、なかなか情緒があっていいですね。

どこにいっても思うのですが、その土地の「におい」があり、昨日の市川のホテルの周りでも、今日の千鳥町でも、それぞれの味わいを感じさせてくれます。どこにいっても、その土地の雰囲気とか、とても感じて楽しんでいます。ただ、残念なのが仕事なのでのんびりできないことですが。
特にすきなのは地域の商店街を歩くことです。今日も、ちいさな骨董品店を覗いて楽しんでました。

明日は新宿のオペラシティでリハーサルです。本当に緊張します。。。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-13 21:43

from tokyo

今日は東京からです。
昨日のバスで東京に着き、今朝はレッスンを受けました。音色、リズム、できていると思っていてもぜんぜんできていないもので、反省ばかりです。でも、いつもそうですが、レッスンが終わると練習したくなるし、クラリネットを改めて好きになることができます。自分もいつかこういうレベルになれるのでしょうか。

そして、いま宿から書き込みしています。
楽天で予約した大田区の和風旅館なのですが都内とは思えない風情です。安いからそこにしただけなのですが、なかなか面白くていいですね。

明日は来週の火曜日にもらった横浜でのイベントのオケ、JKフィルのリハーサルです。初めてのことで、相当緊張していますががんばってきます。明日はリハのあと常磐線で直接いわきにはいり、吹連の楽器別講習会です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-13 16:28

旅、度々

先日、7日、山形県村山市の「市中学校音楽祭」にゲスト出演してきました。今回も門脇さんとの共演です。先週のホシヤマさんでのコンサートから1週間あまりなのに、ほとんど違うプログラムでかなりプレッシャーでした。会場もデッドなホールで、リードもシビアになるし、1000人の中学生が堅苦しいのではないかと身構えて(または睡眠準備万端で)いるわけです。その上、今回はMC(司会)まで一人でやらなくてはならず、1時間ちょっとのステージはとてつもなくハードなものでした。
今回はあえて中学生に媚びた選曲はせず、サン=サーンスのソナタやストラヴィンスキーも演奏しました。そのなかで、クラシックの聞き方を楽しく説明することにチャレンジしました。その結果、10分を超えるソナタでも結構真剣に聞いてくれました。指導している学校からサン=サーンスの肖像画を借りていって見せたり、小道具も使ったし、初の試みとして門脇さんとトークもしました。できることにどんどん新しい可能性が見えてきます。

そして、昨日今日ははさま吹奏楽団の練習。いまさっき帰ってきたばかりです。
いよいよ今週から旅行の日々です。東京2泊-いわき2泊-仙台1泊-東京2泊-仙台1泊-関西6泊 とかなりハードな日程ですが、がんばってきます。旅先から書き込みもしたいと思っていますが、旅先って、本がじっくり読めたり、普段全く見ないテレビが見られたりしていい面もありますね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-10 00:54
今日は午前中木管五重奏のリハーサル、11月の本番に向けての練習ですがなかなか思うように吹けず、悔しいところです。

午後は久しぶりにスポーツクラブで汗を流し、その後いつもお世話になっている楽器店さんでマウスピースの選定。ありがたいことに私の選ぶマウスピースは評判が良いらしく、割りと早く売れてくれるようです。
選び方はそのときによって違いますが、厚めのリード薄めのリード、両方でタンギング、高音域がスムーズに出ることとなによりも息の通り方を重視します。意外と低音がしっかり鳴らないものも多いです。以前はB40やM30も選定していましたが自分の5RVライヤーで選んだリードで選ぶわけですからB40などはかなり重く感じます。なので、最近はマウスピースについて自分の使っていないモデルを選ぶのはやめています。今は私の選定品は5RVライヤーとそのプロファイル、あとノーマルの5RVだけです。
今日もたくさんのマウスピースの中から5本選定品にしました。1本は最近習いに来はじめた高校生に今度のレッスンで渡すため、お持ち帰り。

ついでにリガチャーも試奏。ここの楽器店さんのオリジナルメッキのリガチャー、もうかれこれ8年ぐらい同じものを使っています。10金メッキホワイトゴールド。音色同様ステージでの輝き方も気にいっています。
新品に換える周期は年々縮まっていて、このごろはマウスピースとリガチャーの交換周期は1年前後です。このふたつは消耗品です。今日も、今使ってるものよりいいのがあったら買おうと決めていたのですが、やっぱりありました。もう、全然ちがう! いままで使ってたのはなんだったのか! と思うぐらい吹きやすく、息も入り発音もしやすい。最後に二つで迷った末、どちらもお借りして自宅で最終選考。ということになりました。

明日の伴奏あわせでさらに試してみるつもりです。楽しみなところです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2005-10-04 23:03