クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

無題

先週書き込んでから瞬く間に1週間過ぎてしまいました。
水曜日は国立西多賀病院での演奏、木曜日はホシヤマ本店の演奏、土曜には小学校バンドフェスティバル。日曜には太白区の楽器講習会、昨日は木管五重奏の本番でした。
それぞれ印象的なものでした。

今日は休みにしたつもりがレッスン、あわせ、ラジオ収録、選定、楽譜お届け、など、小さな用事を詰め込んだらやっぱり休めなくなってしまいました。

行ってきます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-01-31 09:35

早起き五重奏団

今日は朝から木管五重奏のあわせ。
うちも木五は通称「仙台早起き木管五重奏団」。だって、練習がいつも9:00集合なんですよ。
音楽家は基本的に夜型が多いので意識が朦朧としながら合わせしてます。いつも10:00スタートにできないものかと思っているのですがなんとなく、いえません。なんといっても年齢が若いですから。
特に、今朝は雪だったので7:00に出発。めまいの中練習でした。
今回は来週の水曜日に名取・ゆりが丘のレストラン「なふむ」でのコンサート。ナレーションつきでラヴェル「マ・メール・ロア」。今日の段階ではなんともいえませんが、クラは結構大変です。

帰りにアンサンブルのメンバーで牛タンを食べましたが「吉野家の牛丼は食えなくてもいいからおいしい牛タンを早く食べたい」との共通意見。本当に早くおいしい牛タンが食べたいものです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-01-24 01:43

合奏講習会

昨日は青葉区の合奏講習会でした。
昨年に引き続き2度目の講師です。

今年は中1、小学生のコースを担当しました。
ヤマハからでた新しいバンドスタディを使うという趣旨でしたが、このメンバー、なかなかよくて、初級コースとは思えないレベルで本当に楽しんで講習することができました。久しぶりに基礎合奏で面白いと思う瞬間が何度かありました。ハーモニーも、通すと崩れますが和音ごとにとるとびっくりするぐらい決まるし、アーティキュレーションも結構うまくできて、苦労のない、いい講習会でした。

新しいバンドスタディは内容が複雑で取捨選択が難しい部分もありますが「デイリートレーニング」は以前の「ネム」よりかなり効率的になっていて非常にいい効果があると思います。

今日は久々に仕事のない日曜日です。
やることは山ほどあるのでちょっとづつ片付けます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-01-22 10:59

母校の風景

昨日、実に15年ぶりぐらいに母校の小学校にいく用事があっていってきました。
今指導している学校と今月末、合同演奏するので楽譜を届けに行きました。母校に他校の指導者としていくなんてまさか思っても見ませんでした。
「こんなに小さかったっけ?」と思いました。初めて車で敷地に入り、玄関から職員室までですが、この学校ってこんなに小さい学校だったのか! とびっくりしてしまいました。
自分が大きくなったからそう見えるのですが、不思議な感覚ですね。ちなみに、私が小学校のころ、コルネットを練習していた理科室の前も通りました。
ここの今の校長先生は私をこの講師の仕事に推薦してくれた故荒井弘先生の弟ですし、不思議な縁を感じていました。

アンコンモードも終わったと思ったら早速今日課題曲の初レッスンをしてきました。今年の課題曲、クラリネット、結構大変かもしれませんね。1の「架空の伝説のための前奏曲」の山内さんは高校の大先輩で、これもまた縁なのですが、母校の創立100周年記念作品(オーケストラとソプラノ、男声合唱)を作曲した方です。その100周年の年、私はちょうど高校一年生でこの作品の演奏に学年全員強制参加しました。今にして思えば、そのとき指揮した方にその後指揮を師事したり、そういえば、クラの師匠と共演(といっていいものかは微妙ですが)したのもこのときが初めてでした。ちなみに、荒井弘先生の還暦記念演奏会でも山内さんの作品を初演しました。(さらに、その後神奈川大学がその曲をCDにしました) なので、ちょっとこの課題曲には思い入れが深いです。クラリネット的にも無理がないです。譜読みは難しくても技術的に不合理なところがありません。
他の課題曲はこれから勉強です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-01-20 00:21

おひさしぶりです

こんばんは
前回ここに書き込んでからほとんど福島県にいました。木曜日は原町泊、金曜はいったん仙台に戻り光通信の工事の立会いとサンリツでのレッスン、その後いわきに移動。いわき着は0:30。なんだか、「仙台に出張」した気分です。土日はいわき地区の楽器講習会。久々のいわきでした。10、11、1月と3回シリーズだったのですが正直なところ、3回のペース配分に苦しみました。3回目は曲をどうやって練習するかというアンサンブル的な要素を多めにいれましたがいわきはさすが東北トップの地区だけあって、各クラスともいいアンサンブルができました。
そして、月曜日は会津。中心部の学校なのでバスのほうが安くて便利なため高速バスで行き、泊まりました。そして今朝帰宅し、今度は車で相馬。これで、今期のアンサンブル指導は一段落です。

いろいろな街を訪れますが、やはりその土地によって風土も違えば人も変わります。
私は歴史が好きなこともあって、城下町に行くとわくわくします。特に会津若松は仙台以外で一番好きな町です。幕末の歴史が特に好きなのもありますが町中に昔風の商店やレトロな建物があったり、街を歩くだけで楽しいところです。その上、食べ物も最高においしくて、昨日も夕方蔵を改装したサロン・ド・テにいったし、夜はおじいさんが一人でやっている蕎麦屋に入ったらめちゃくちゃおいしかった。会津にいって食べ物にがっかりしたことがありません。なので、会津から依頼が来ると何とか泊まれるスケジュールにできないかとか、自由時間作れないかとか考えます。本当にいいところです。人も、なんとなく相性のよさを感じます。

最近はどこの町にも気の利いたカフェができ始めました。今日も相馬に少し早く入り、お茶してました。そういうお店を探すのも旅のささやかな楽しみです。
とりあえず、家に帰れない生活もこれで一段落です。
これから1月中本番が続くので練習のペースを上げないと。
25日には西多賀病院の成人式で「リゴレット」。26日は今年最初のホシヤマ本店ライブ。30日は木管五重奏でラヴェルの「マ・メール・ロア」ナレーション付き。
ちなみに2月は11日、佐沼のピアノコンクールのゲスト演奏でシューマン、18日は上野山小コンサートでモーツァルトのクラ5の1楽章(弦楽四重奏との初共演!)、翌19日は恒例の門下生発表会。今年はボザの「ブコリック」。これだけ自分に負荷をかければさらうでしょう。がんばります。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-01-18 03:17

休みはまだ先になりそう

やっとパソコンの前にゆっくり座れました。
先週末からずっと自宅を空けていました。先週末は秋田、そして月曜は仙台だったものの、昼は市内を3校回り、夜は藤井一男先生を囲んでの新年会。昨日は相馬でレッスンの後、車を仙台に置いて新幹線で花巻へ。今日は花巻の隣の紫波でレッスン。そして夕方から22:00までミュージックプラザで個人レッスンと全く落ち着く暇がありませんでした。
明日からも旅で、次にうちのベッドで寝ることができるのは日曜日です。
家にいてもやることが多すぎて全然ゆっくりできないでいます。アンコンが終わったら絶対遊んでやると心に決めてはいますが、結局1月最後の週に木5とソロで3回の本番が入ってしまったのでそこまでお預けになりそうです。
疲れていても、生徒さんの演奏を聴いて、指導し始めるととたんに疲れが吹き飛んでしまいます。音楽の力を感じます。

今日、ちょっとだけ時間が空いたのでずっと前ここに「隠れ家」として書いたとあるカフェに行きました。身も心も疲れきっていたのですが、その空間で、心地よいBGM、おいしいケーキとコーヒー、居心地のよい調度と数冊の大人向けの絵本を読んだら、勇気が湧いてきました。やっぱりいいものです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-01-12 01:06

仕事始め

今年の仕事始めは2日からでした。
今週末にソロコンの本番の子もいるので新春吹き初め発表会をサンリツさんの2階で開催しました。みんな正月返上で練習ですね。熱意が素晴らしいです。オーボエ、ユーフォニアム
、私も含めて9人が演奏しました。
そして、今日、早くもレッスン開始です。といってもソロコン前の伴奏あわせ。

この正月は新パソコンでハードディスクにテレビが録画できるようになったので芸術関係の番組を結構予約して録画しました。大阪フィルの「マツケンサンバとマーラー」、ダンスと音楽を組み合わせた「兵士の物語」(クラはN響の横川先生が吹いておられました。) もちろんウィーンフィルのニューイヤー(これは1回見るともう2度と見ないのでDVDには落としませんが) 
あと、オペラニューイヤーも録画しました。チョン・ミョンフンのカルメンが見られます。
あと、演劇なんかも録画したので早く見る時間ができないものかと思っています。

たまたま、過去の「パイパーズ」をなんとなく読んでいたら「目からウロコの練習法」というのがあり、早速実践してみました。予備拍に関することでしたが、本当に目からウロコでした。これをもって以前に気づいていれば… 要はどんなときでも予備拍を1小節以上とり、拍子感を感じてから吹くという一見時間の無駄のようなさらいかたでしたが、やってみると、体にリズムが入ってくるような感じで曲が体に入りやすい気がしました。レッスンで生徒にはそうやって練習させているのに自分ではやっていないんですね。これから、さらにいろいろなところで実践してみます。

明日の酒田を皮切りに、アンコン県大会に向けて指導が始まります。でも、その前に雪道での安全運転が先ですね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-01-03 23:57
新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は毎月のように大きな本番があり、日演連、オーケストラ、はさま吹奏楽団の定期のほか、依頼演奏でもホシヤマコンサートや村山市の中学校音楽祭など、1時間を越える長い本番がたくさんあり、演奏だけでなく、立ち振る舞いやコーディネートなど、様々な点で勉強することができました。
また、指導面でも、後半、アンサンブルでかつてない成果を出すことができ、ただでさえ忙しかったのにさらに多忙に過ごすことができました。忙しいうちが華ですから、本当に支えてくださる多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

ずっと劣等生で、うしろめたい気持ちでここまで続けてきましたが、今後はもっと自信をもっていけたらいいなと思っています。

今年は4月にリサイタルもあります。このリサイタルではホシヤマ珈琲アエル店様のご協力をいただくことになりました。先日ここで「シルバーセンターでしかできない企画」と書きましたがこれのことです。シルバーセンターからアエルは徒歩3分程度、信号を渡ればすぐのところです。
当日開演前、アエル店においてリサイタルチケット提示でサービスが受けられる特典をご用意します。詳しい内容は後日明らかにしますが今年のリサイタルはお時間に余裕をつくっていただいて、おいしい珈琲を堪能されてからホールにお越しください。
また、ゲストに尊敬する在仙のチェリスト、塚野淳一氏をお迎えしてブラームスのクラリネット三重奏曲と耳慣れた名曲をいくつか予定しています。
チケットは2月発売予定です。

また、その前にも、1月には国立西多賀病院の成人式でのゲスト演奏と、2月に登米の「仙北ピアノコンクール」でのゲスト演奏。同じく2月には自分の生徒の発表会があります。

ホームページも今月中旬からリニューアルのため、少しの間お休みさせていただきます。このブログと掲示板だけはこれまでどおり更新しますのでブックマークに登録はこちらにご変更ください。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-01-01 23:15