クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー

<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

エスクラ

明後日、コーチをやっている聖和学園の定期演奏会にのります。
今回はエスクラです。エスクラは数年前の高校のOB会以来です。
やっぱり怖い。逃げ隠れできないというか、音程も難しいし。
指も、必ずシャープが多くなりますし。

今週のことを書きますと、めちゃくちゃ忙しくしてました。
今年はものすごくいろんな人に会っています。
昨日も中学校の恩師、昔からお世話になっているピアノの先生とお話ができて、有意義でした。

それと、やっぱり当然ながら、誠実に振るまえばいいことがあり、不誠実には報いがあるということも感じています。行動や言動には注意しなければいけませんね。ここ1ヶ月ぐらい、いままでの自分の行いで自分が窮地に立たされたり逆に強く助けてもらったり。学ぶことの多い春です。

リサイタル、チラシを渡したりすると過去2回に比べて反応が強いです。
いままでは勝手にやっているという程度でしたが、今回は塚野先生に出ていただくのとホシヤマさんの協賛があることも大きいのでしょう。残念ながらまだチケットまでは進んでいませんが…
ぜひお越しください。私のメールに送っていただいても予約できますので。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-31 08:42

サロンコンサート

明日のサロンコンサートのご案内です。

ホシヤマサロンコンサート 第2回
3月25日 18:00-19:30
仙台駅前、アエル2階ホシヤマ珈琲店
今回は私がソロを演奏します。
  シューマン/幻想小品集
  カユザック/カンティレーヌ
  クローゼ/エスペランス
  フォーレ/夢のあとに
他 
ピアノは門脇麻美さん。

通常営業内でのコンサートですのでお飲み物はご注文ください。
プログラムを組んでみたらかなり体力勝負の曲目になってしまいました。最後まで口が持つか…

いまから歯医者です。たぶん今日で治療が終わる予定。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-24 10:07

スペシャルコンサート

昨日はホシヤマ珈琲のメンバーズスペシャルコンサート。
昨年このコンサートに出演したのがきっかけでホシヤマさんとのお付き合いが始まったのですが、他の人の演奏を聞くのは初めて。
今回は普段お世話になっているフルート奏者の水井先生のコンサートでした。
貫禄の演奏に加え、トークも絶妙に楽しく、見学に行ったのにすっかり楽しんでしまいました。
リコーダーやオカリナでの演奏までやってしまうとは… 
芸達者な方は本当にうらやましいです。

明後日の自分の演奏のサロンコンサートはスタミナ勝負です。
なのに、ちょっと風邪気味です。

最近、人に会うのが仕事のように人に会っています。いつも人といると一人でいる時間の大切さが身にしみます。私はよく「マイペース」といわれますがただ反応が遅いだけで実は全然マイペースなんかではなく、むしろ、周りに影響されやすい方なのでだんだん自分の意識とか、感覚とかがすぐになくなってしまいます。

今日は雨ですね。ちょっとブルーです。布団干したかったので…
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-23 09:09

ご無沙汰でした

1週間以上なまけてしましました。

なんだかんだ言って忙しくしていました。

この1週間、一番のインパクトは木曜日のチョン・ミョンフン指揮ロンドン交響楽団。
マーラーの5番だったのですが、圧倒的な演奏でした。
強奏部分もすごかったのですが、4楽章弦楽合奏の美しさが忘れられません。「ずっとここにこうして座っていたい」と思いながら聞いていました。
それにしても、指揮者のチョン・ミョンフンはすごいですね。ほとんど満席の県民会館が彼一人に支配されていました。そこそこ演奏会を聞いてきましたがここまで会場を包み込んでしまうような指揮者は初めてでした。世の中には本当にこういう人がいるんですね。ファンを通り越して信者になってしまいそうです。

その二日後、そのチョン・ミョンフンの薫陶を受けている奥村氏の指揮のオケセン定期。今回はステマネでお手伝いしました。彼も後輩の自分から言うのは失礼かもしれませんがこの1年間で大きく成長していました。貫禄と自信が増して、本当にいい音楽をつくっていました。

このごろ、自分と周囲の世界が動き出している感じがしています。
来年度、どのように変わっていくか。楽しみです。

今週は25日のホシヤマサロンコンサートに向けてコンディションを上げていかないと。
第2回目は自分のソロを演奏します。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-20 08:55

違った緊張

昨日のホシヤマサロンコンサート、盛況のうちに無事終了しました。
自分では演奏しないのですが初プロデュースでいつもとはだいぶ違った緊張。
雰囲気も盛り上がり、いいコンサートになりました。

次回は自分で演奏します。

今後、いろいろな方といろいろな編成でここで演奏できると思うととても楽しみです。

c0002528_7471488.jpg

[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-12 07:47

今日から

今夜18:00から第1回ホシヤマサロンコンサートです。
いよいよスタートします。

今日はフルート、チェロ、ピアノによる室内楽演奏です。
初プロデュースなのでかなり緊張しています。
仙台駅前、アエル2階、ホシヤマ珈琲店です。どうぞお越しください。


昨日は通常のレッスンだったのですが、ある生徒さんがエチュードにとてもかわいい絵を描いていました。前のレッスンで、「ここは馬で走っているような感じ」といったら本当に馬を描いちゃったんですね。いいセンスしてます。こういうの、好きです。
c0002528_8562161.jpg

[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-11 08:56

テルミン体験

もう一昨日になりますがメディアテークで「テルミン演奏とグレングールド27歳の記憶」というイベントがあり、行ってきました。
みなさんはテルミンってご存知でしたか?
ロシアで発明された電子楽器のハシリで両手を楽器に近づけると音が出るというなんとも不思議な楽器。この日演奏された方のお話によると、なんでも国内に「曲が演奏できる人が20人ぐらいしかいない」とか。その上、プロは一人しかいないそうで。帰りに体験コーナーでやってみました。写真にありますが、だいぶアヤシイ感じがしますよね。右手を近づけると音程が上がり、左手を上に上げると音量が上がります。なんと半径2メートルぐらいのもので反応してしまうのだそうです。だからテルミンのアンサンブルではかなりはなれて演奏しないとお互いに影響しあってしまって大変なことになる。とまあ、いろいろと大変そうな楽器でしたが演奏はというと、微妙に上ずったり下がったりするする音程(今にして思うと前のほうの客に反応していたのです)が気持ち悪かったのですが音程がはまっているところはなかなか味わいのある音色でした。そういえば、メシアンが「トゥーランガリラ交響曲」でつかったオンド・マルトノにすごく似てる。
ちなみに、その体験コーナーでは一応私も音楽家なのでかろうじて音階らしきものが出せました! これはテルミンに転向!? いやいや、それはありません(笑)
c0002528_3143379.jpg

[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-07 23:14

リサイタルへ

ようやくリサイタルのチラシが出来上がりました。と同じ日に文化事業団の助成も確定し、一安心。
チラシは「日本の春」をイメージしたものにしました。デザインを担当してくれたH氏の感覚が素晴らしく、いいのができました。

リサイタルについていくつか。

プロフィールを初めて他の方に書いてもらいました。出来上がったときはかなり恥ずかしかったのですがその方曰く「音楽関係者にしか分からないようなものは意味がない。広く一般の人が見て興味を持つようなものでなくてはならない」のだそうで、納得しました。
実を言うと、出た学校のことで強い劣等感をもってやってきました。「所詮尚美の出身」と思われるのが嫌で、レッスンを続けたり、勉強にはお金や時間を惜しまず費やしてきました。
このことについてはまたいずれここで公開しようと考えていますがそういう心境が最近、変化してきています。ネガティブな向上心からポジティブな向上心に変わってきているということです。

曲目は決めてみたらロマンティックなものばかりになってしまいました。現代曲はまったくありませんので楽しく聞いていただけます。
シューマンは最近好きな作曲家で、実は3回ともリサイタルで取り上げています。
カユザックは小品ですが、やってみたかったのでオープニングにいれました。
リゴレット、音楽の華やかさ、美しさとは裏腹にオペラのストーリーは人間の汚さばかりが見えます。侮辱、裏切り、誘拐、憎しみ、復讐、そして、弱者は救われることがない。だからこそ音楽の美しさが引き立つのですが、このストーリーはあまり好きではありません。
基本的にオペラの登場人物って自分の欲望に対して素直すぎます。
今回のリゴレットファンタジーは超絶技巧なのでテクニックのない私には冒険ですが去年の国際クラリネットフェストでフランスの若手が吹いてあこがれていた曲でもあるのであえて挑戦です。
後半の日本の春メドレーは私たちの根っこにあるものを感じます。歌の曲を吹くのはとても楽しいです。今後はこういう曲も必ず入れていきたいと思っています。
ブラームスのトリオ、これは大曲です。塚野先生のような人生経験の豊富な方とこの曲を演奏するのはとても勇気が要ります。

あと1ヶ月半、じっくり仕上げていきます。
25日のホシヤマサロンコンサートではソロのプログラムも演奏します。
ぜひお越しください。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-05 09:33
これまでホシヤマ珈琲本店で行っていたライブ演奏を3月よりアエル店に場所を移し、「ホシヤマサロンコンサート」としてシリーズ化していくことになりました。
3,4月は月2回、土曜日の夜に開催します。
このコンサートは仙台で活動する若手音楽家を紹介するとともに、演奏者にとっても自分をアピールできる場として提供していくステージです。ホシヤマ珈琲店の「仙台のサロン文化をつくりたい」という志によって企画されました。
このコンサートには演奏者としてだけでなくプロデューサーとして携わっています。
仙台の若手奏者を今後さまざまな編成でご紹介していこうと思います。ご期待ください。

第1回目は3月11日(土)18:00-19:45
フルート 水戸絵里さん
チェロ  中舘真生さん
ピアノ  尾澤香織さん
によるソロ、室内楽をお楽しみいただきます。

通常営業内での演奏ですので普通に珈琲を飲みながら聴くことができます。

ぜひお越しください!
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-03 01:58

やはり水

昨日、書いたようにあるお寺にいっていろいろなお話をしてきました。

科学的でない話ですが私は結構信じたりするので(パワーストーンなんかも持ち歩きますし)とても楽しい時間でした。
姿勢を悪くしていると「気」が体に入らないこと、「火風土水」のこと。また感性についてなど、中国の「天地人」の考え方など、3時間あっという間でした。

また伺ってみようと思います。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-03-01 08:38