クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ヴァイオリン

今日はサンリツ石巻店でのクリニックでした。
合計20名の生徒さんが参加してくれました。

昔から人の顔と名前を覚えるのが苦手で、今年からできるだけ生徒さんを名前で呼ぼうと努力しています。でも、なかなか覚えられないですね。今日は3回目の参加の皆さんの名前はばっちり覚えました。

さて、サンリツ石巻店には前から気になっていたヴァイオリンがありました。なんと弓つき7140円。ゼロが二つぐらい少ないのでは!?
雑誌などで見かける「高級サキソフォン」などと同じにおいを感じますが、お店の方の話だと某弦楽器メーカーの「ヴァイオリン製作キット」なるものを組み立てて、お店の人がほとんど遊びでもともと白いタダの板を塗装して冗談半分に売っていたとか…

初めてここにきたときから「いつか買おう」と決めていましたがついに、今日買ってしまいました。
店の方には「本当にいいんですか? いいんですか?」と何度も念を押されましたが、まあおもちゃですから、いいんです。
意気揚々と仙台に帰ったものの、早速調弦のまねごとをしてみたらあっさり弦が切れてしまいました。(トホホ…)

明日、弦を張り替えて弾いてみます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-30 23:41

GWから

今日から大型連休ですね。最大9連休の方もいるとか…

私はこのGWからコンクールシーズン突入です。
今日は市内、明日はサンリツ石巻店でレッスン。
そして1,2は少しお休みして3,4,5は原町酒田原町。そして6、7はまた市内です。

最近、再び読書づいていて(というより年中読んでいますが)、「星の王子様」の関連書籍を借りたり、買ったりして読んでいます。あんまり解釈的なことは読まないほうがいいのかもしれません。本編だけ読んでそこから自分だけのイメージで捉えればいいわけですから。
それにしても、この本、「読者を選ぶ」。

知り合いのある受験生は「受験中は読まないほうがいい」といっているし。

読むたびに違う箇所で感銘を受けることができます。

そういえばプルーストの「失われた時を求めて」もダイジェストでしか読んだことがないので一生かけて読もうと思っていましたが第1巻の真ん中で挫折。文庫版も出たことだし、もう一度チャレンジしてみようか…
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-29 08:29

休日のささやかな楽しみ

昨日はオフにしました。

なかなかリサイタル後のテンションが下がらなくて大変です。

夕方うちの近所のラーメン「松月」で「めちゃうまラーメン」を食べにいきました。
にんにくたっぷりなので、レッスンがあったりすると食べられないシロモノ。
確かに「メチャウマ」でした。
においはその日はとれなかったですが… 休日にしか食べられないですね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-26 13:11

感謝 感謝 感謝

リサイタル、無事終わりました。

予想を上回る方に聴きに来ていただきました。
素晴らしい共演者、暖かいお客様、頼りになるスタッフの皆さんに恵まれ、本当にいい状態で本番を迎えることができました。
細かいところでは反省はキリがありません。
リードに最後の最後までまよったし、ピアノの鍵盤の状態があまりよくなかったらしく、本番直前まで調律の方ががんばって直してくれたことや、その結果、ピアノが「鳴る」ようになってしまってトリオのときのバランスがリハと違ってしまったこと、そしてもっとさらえばよかったなどなど…

今回、塚野先生をゲストにお呼びしてブラームスを共演できたことは大きな経験でした。
お願いするとき、かなり恐縮していたのですが二つ返事でOKしてくれて、すっかり意気投合して演奏することができました。我々、管楽器奏者にとっては弦楽器の表現力は大きな目標です。今回、それを間近で聞けたことは本当に幸せでした。

また、あえて日本の歌をいれたり、自分で曲の解説を喋ったりと、工夫もしました。まだまだもっと洗練されたものにしたいとは思いますが、また1年、勉強です。

そして、まだ本番のテンションが醒めないまま翌日、22日はホシヤマサロンコンサートでした。今回は私は付き人で、アイリッシュハープの月輪さん、ヴァイオリンの岡さん、ピアノの菅野さんの演奏。このコンサートも4回目にして早くも知名度が上がっているそうで、今回はずっと満席でした。次回は5月20日です。

今日23日は一番町の「オイスター&フィッシュ きときと」さんでの「賞味会」にお邪魔して演奏してきました。お酒が入っているとなかなかクラシックは難しいですが「誰も寝てはならぬ」と「川の流れのように」はやっぱり盛り上がり、アンコールもでました。
それと、今日はそのお店に自室の電子ピアノを運んだのでかなり腕と腰が疲れました。。

さて、これでちょっと一段落です。
明日からリサイタルの後片付け、整理をしておかないと。
おかげさまでGWもちょっと旅行をする日を除いて全て仕事で埋まってしまいました。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-24 00:51

明後日になりました

リサイタルも明後日となりました。
今日もこれからトリオの合わせです。

過去3回では一番いい内容です。

ぜひお越しください。

お待ちしております。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-19 09:09

99%

「99&カカオチョコレート」なるものを買ってみました。

苦い。

相当な苦さでした。

某有名製菓会社のものでしたが、ここまで来ると、売ろうという意志よりもほとんどネタのつもりでだしたのでは? という気になります。この挑戦的な姿勢、いいですね。
「どうだ!」といわんばかり。

たべるのはひとかけらで挫折してあとは香りだけ楽しんでます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-19 09:04

30になりました

今日、4月17日をもってついに30歳になりました。

いつまでも若いと思っていたらとうとう30代に突入です。

今後ともよろしくお願いします。。


昨日、満月でしたが、満月の夜は犯罪が増えるのだそうですね。
狼男ってあながち根拠がないわけではないのでしょう。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-17 00:35

ちょっとした幸運

先日、よく行くカレー屋さんに友人のフルートの先生と行って、食後にコーヒーを注文しようとしたら「いま淹れてました。サービスです」といわれ、いただいてしまいました。

そうしたらその翌日、県南の某所にある個人経営の喫茶店で生徒とパスタを食べていたらそこでも注文していないコーヒーが。これまた「サービスです」とのこと。ちなみに、この店は初めて入るお店でした。

ちょっとびっくりな偶然ですがうれしいものです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-14 23:55

ブラームス

昨日はトリオの2回目の合わせ。

ブラームス、やっぱり難しい。ニュアンスとか、発音とか。技術的にはそうでもないのに、曲ににならない。曲の「仕掛け」がうまくはまらないとわけが分からない。
あとはこの1週間で熟成させて来週の合わせから本番へもっていくことだと思います。

昨年国際クラフェスで聞いたN響の磯部先生のブラームスとシューマンのクラリネット作品に関する研究を参考に曲を解釈すると「深い」。随所に出てくるクララのテーマとシューマン、ブラームスのテーマが絡み合って濃密な世界を作っています。ちょっとクラクラしそうです。
ブラームスは晩年思いを寄せていたシューマンの妻クララと仲たがいするのですが、そのとき、クラリネットの作品を書き、「クララと同じ語源をもつ名前の楽器で曲を書きましたよ」的な感じで仲直りをする手紙を送ったそうです。つまり、ブラームスにとってはちょっと特別な思い入れのある楽器だったそうなんです。ミュールフェルトという名手との出会いがきっかけですが、これだけの名曲を残してくれたのはそれだけの理由ではないんですね。

リサイタルの時にはこの辺の話もちょっと突っ込んでお話しようと思っています。
お楽しみに。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-13 11:21
何日かかけて「サウンドオブミュージック」のDVDを見終わりました。

やっぱり名作です。
何度も目頭を熱くして見てました。

よくうちの木五でこのメドレーをやるのですがどれをとってもいい曲で、何度吹いても飽きない。アレンジいいということもあります。
とくにテーマ曲の「サウンドオブミュージック」が好きです。

永遠に残って欲しい作品です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-04-11 23:54