クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

やっとみました

昨日は7月のホシヤマスペシャルコンサートへ向けての打ち合わせから午後、市内の某中学校へ。
課題曲1はやはり冒頭の3小節に時間がかかります。ここと、Bだけはクラセクションとして逃げられないので重点的に指導します。自分なりにこう練習するとできるようになるというやりかたを考えました。よく考えてみると、昨年のコンクールが終わってからのシーズンにいろいろなことがあり、自分自身のさらい方も変えたので指導の仕方は去年と全く変わっていると思います。できるだけシンプルなことをやるように心がけてはいますがどう出るでしょうか。

そして、18:00には晴れて自由の身に。
やっと見に行けました「ダヴィンチ・コード」。
謎解きが大変おもしろく、ワクワクしながら見ました。
でも、最初の死体がなぜあのような格好になっていたかの説明がもうちょっと欲しかった。
自分でやるにも、瀕死のの人がそこまでするのはちょっと無理があるのでは…?
日本であまり評判が芳しくないらしいのはきっとキリスト教が身近でないからその謎のすごさがピンとこないのでしょう。アクションやサスペンス映画としてみたら別にどうってことないですから。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-06-30 09:21

感性

学校でのレッスンにて

先生「いま、音が良くなったの分かった?」

生徒「???」
他の生徒「えー(苦笑) 全然違うのに!」

最近、このやり取りが多いです。自分の演奏にも感じていることですが、自分の音や状態に敏感になることが音楽をやる上でとても重要だという当たり前のことに最近やっと気が付きました。
昔、ある雑誌のワンポイントレッスンで「自分の最大の先生は自分」という記事があってよく理解できないでいたことを覚えています。この歳になって、遅ればせながらやっとその意図するところを知ることができました。

自分のことは知っているようで知らないものですね。
こういう仕事をさせていただいて、いつも勉強させていただいている気がします。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-06-28 10:20

マウスピース

昨日は前述のクラリネット奏者のレッスンを一日聴講しました。

圧倒的な音と音楽でした。


ついでにマウスピースも選定してもらっちゃいました。
それを2本自分で購入。
気が付くと最近マウスピースを3ヶ月で5本も買っていました。
4月にエスクラB40、リサイタル後に自分選定した5RVライヤー、そして、その後選定していたらたまたま自分に合うのがあったのでB40ライヤーの88。
そして昨日普通のライヤーとライヤーの88を1本ずつ。


家にいると仕事のメールをしたり、いろいろな準備で時間があっという間に過ぎてしまいます。

部屋がいよいよやばいぐらい汚いです。
今日は市内の某中学校でクラリネット指導です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-06-26 13:08

念願

昨日、ちょうど仙台にいらしていたさる有名なクラリネット奏者の方と一緒に飲む機会がありました。

実は高校時代、その方の演奏するモーツァルトのクラリネット五重奏曲がテレビで放映され、まさに「すりきれるぐらい」ビデオで見たことがクラリネット奏者になろうと思ったきっかけなのですが、この歳になるまで直接関わることなくきてしまいました。今はこの方の弟子が私の先生なのでいわば私は「孫弟子」で直系の師匠に当たるわけですが、正直、感動しました。

昔の苦労話とそれを超えたすごさ。
この人柄でバイタリティであの演奏なんだなと改めて感じるとともに、一層尊敬を深めました。

とにかく、すごい方です。
3次会まで飲みました。。。


昨夜は第7回目となるホシヤマサロンコンサートもありました。
自分の企画で始めて7回目。今日も満席でした。毎回、演奏を楽しみに来て下さる方が増えていて、うれしくなります。
8,9月の日程も決まりました。
これから企画の中身を考えます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-06-25 07:38

楽器

ここ2週間ほど、指導に行く学校の楽器がことごとく故障しています。

特にバスクラ。
仙台のある技術者の方によれば「世の中の半分のバスクラは壊れている」とか。たしかに、多少隙間があっても鳴っちゃいますから。

それにしても、せっかくレッスンにいったのに楽器の不具合でレッスンにならないというのが悲しいので応急処置だけしてあげるのですが、たいていは上管トリルキーの上二つのタンポか真ん中のラ、ソ♯がふさがっていないのでそこに何かをはさめば鳴るようになります。
最近は下の歯にかぶせるためのシートを使っていたのですが先日、お世話になっている技術者の方にかなりいい応急処置方を教えてもらいました。

やっぱり餅は餅屋。

ちなみに、チェック方法は常時ふさがっているタンポにクリーニングペーパーをはさんで吹きます。これで普段より鳴りがよく感じられたらそれはつまり、そこが普段ちゃんとふさがっていないということです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-06-24 01:17

大失態

今日はやっとオフです!

昨日、県内の某小学校で鑑賞会の演奏をしてきました。今回は自分で企画、製作をして意気込んで臨みました。

朝7:30に名取市の某コンビにに集合して向かおうとしていたので、そのコンビニに早くついてイートインスペースで楽譜の製本をしていました。そして、集合したところで出発。

8:30会場に入りセッティング。
9:00 そろそろリハーサルはじめようか
が…

なんと、楽譜がない!”!!
そのコンビニに忘れてきていました。
その楽譜は原譜セットと私のパート譜。ここまでならなくても他の人のもっているスコアをコピーすればしのげますがその日みなさんに渡す予定だった新曲の楽譜まで入っていました。青くなりました。。。。

慌ててその学校の先生に事情を説明して一路名取へ。
こういうときって不思議と信号とまったり渋滞に合ったり。イライラは募るばかり。
結局復路は距離的には遠くなっても高速を使う。
いままで自分では出したことのないスピードで走りました。
途中覆面パトカーにつかまっている車を横目で見ながら…

本番は約40分遅れでスタート。
リードも選べず、バスクラソロのときは心臓が飛び出るかと思うほど緊張しました。

本番そのものはいい雰囲気で終わり、私がいない間冷静に必要なリハーサルをこなしてくれた共演者、クレームひとつなかった小学校のみなさんには感謝の一言です。

そのほかの準備は万全を期していただけに、ちょっとした気の緩みから大きなミスとなってしまいました。


というわけで昨夜のビールはなんとおいしかったことか。
今日は休みにしました。というより、学校さんはどこも試験中で入りようがないだけでたまたま空いただけですが。
ありがたい休日です。

7月も16日まで全て入ってしまいました。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-06-22 13:41

あいかわらず

更新ができなくてすみませんでした。

この時期は各地で中総体の代休が重なり、朝から晩まで指導漬けの毎日でした。

その中で土曜日にホシヤマサロンコンサートで吹いてきたのですが、自分でもびっくりするほど好調でした。最近、呼吸や姿勢のことに気をつけていて、うまくいった感じです。以前ここでお話した団体旅行も好評でした。

指導の毎日についてはとにかく、エネルギーが要ります。
今朝ちょっと風邪ひいてました。

今日はこれからユニオンの「あすなろコンサート」で岩手の北部、久慈のあたりまで行ってきます。今日は移動だけで明日2校演奏してきます。そのあとは酒田ツアーです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-06-15 08:56

ハードでした

先週から、まったくPCの前にゆっくり座れない生活でした。

週末は泉区の楽器講習会、学年別90分の3コマ講習。
特に中2のクラスが優秀でした。こういった講習会では普段誰にも教われない生徒さんを基準に話をするので話は初歩的になるし、どのレベルでも必ず自分の講習をはじめて受ける人がいるので本当の基礎から話すことにしています。だから、少々レベルの低い内容ではありますが意外とできていないことも多いものです。

そのまま若柳に移動して春の奏音合同練習リハーサル。
春の猟犬もなんとかなるレベルまでこぎつける。1年ぶりに会う人たちの上達には本当に目を見張ります。
そしてそのまま若柳に宿泊、4日は本番。はさまの単独ステージは無難な演奏。
合同での春の猟犬も少々のミスはあっても好演。本当にリードさんの曲は素晴らしい。
アンコールでは恩師の公一郎先生のアナウンスで感動。偶然の共演ですが、本当に暖かい、いい演奏会でした。演奏も確実に進歩しています。

そして、打ち上げ。
大盛り上がりでした。写真は公一郎先生とのカラオケ。
こういう先生に薫陶を受けられたことを幸せに思います。本当に暖かくて大きい方です。
最後の若柳の方のご自宅の2次会までお邪魔してしましました。

c0002528_12105075.jpgちなみに、この飲み会で先週買ったばかりの白いサマージャケットを早速汚していまい、クリーニング行きに…

月曜日、二日酔いのなか、仙台を通過して原町へ。某中学校の指導。課題曲1はやっぱり大変! 
昨日も市内の某中学校で課題曲2を見てきましたがこんなに技術的に難しい課題曲ってここ10数年で一番ではないかと思います。でも、簡単でやることがないよりはずっといいですね。難しくても、それに見合うだけの内容を持っています。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-06-08 12:11