クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー

<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昨日今日と今年最後のホシヤマメンバーズスペシャルコンサートでした。
アイリッシュハープの月輪まり子さんとフルートの水戸絵理さん、会場を癒しの空間に導く素晴らしい演奏会でした。
ホシヤマさんでの演奏コーディネート、今年はこれでひと段落。山あり谷ありでしたがとてもいい経験をさせていただいています。
12月中に来年の予定を立てます。

12月はクリスマスということで本番が続きます。もちろん、アンサンブル指導も。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-30 01:02

恩師の思い出

思い出パート2です。

今度は中学校の思い出。

中3のとき、実は初めの志望校は、「普門館のステージに出てみたいから」という理由で当時毎年全国に行っていたM高校でした。
それを変えたのは中学3年のときに赴任してこられたI先生。
秋ごろのある日曜日、模試かなにかの帰りに学校に残り、学校に先生と二人っきりで数時間、説得されてI高校に変えました。あのとき、「音楽の素晴らしさ」について語ったことは忘れられません。
あの当時は将来は学校の先生になって吹奏楽の指導をしようと思っていたのですが、当時はトランペットでしたから、あのままM高校だったら今クラリネットを吹く自分はない訳です。

卒業後も、公私ともどもお世話になりました。
特に印象が強いのはよく仙台フィルの定期を一緒に聞きに行ったことですが、それ以外にも本当にお世話になりました。
学校を出て、フリー活動を始めたばかりのときは長期研修のI先生の代わりにその学校の指揮をしたり、その後、先生の結婚式でも演奏させてもらったり、長いお付き合いになりました。

今、結局違った形で教育に関係する部分に関わっていて、今の自分の姿勢や考え方にはやっぱりI先生の影響って大きかったんだなと感謝の気持ちを感じる今日この頃です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-29 01:18

高校の思い出

高校のときの思い出

1年生の時担任の英語の先生。
休み中だか何かで宿題のプリントを配って、その休み明けのこと。英語の授業だかホームルーム。

あるクラスメイト「先生、プリントの解答は?」
先生「ない」
教室内、非難の声
先生「答がないのが人生だ」

当然、同級生たちは不満そうでしたが当時の私はクラスでも指折りの成績の悪い生徒だったので宿題などするはずがなく、かなりヒトゴト。思わず噴き出しそうになってしまいました。
たしかに人生そういうものかもしれないけどそこでそういう飛躍しなくたって…

思えば、こういう人にいろんな意味で鍛えられたんだなあという気がします。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-26 23:14

新名物?

金曜日はサンリツ一番町センターでのレッスン。

15:00-21:00なので少しでも安い駐車場ということでメディアテーク付近に車を止めて歩くのですが今日は帰りに晩翠通りの定禅寺付近にできたばかりの「杜の都グリーンカレー」で食べました。
勝山館がプロデュースして地元原料を駆使して作ったそうで、とりあえずグリーンカレーを注文。メニューには勝山館のソムリエさんが選んだカレーに合う白ワインとか、自家製卵酒とか、もちろん勝山の日本酒もあり、車でなかったら… とちょっと舌打ち。

カレーは食べれば食べるほど味が出てくる感じでかなりいけました。
上にトッピングされいる茄子が絶妙にカレーと合っておいしい。

個人的には仙台の新名物! ですが、はたしてこの先、どうなるか楽しみです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-24 22:41

スクールコンサート

今日は福島県某町の小学校でのスクールコンサート。

演奏は結構いい状態。特に今日はバスクラの調子がよかった。

でも、司会の方がいつになく緊張してしまって、なんだかしどろもどろでした。。。

12月は4校回るのでこれから練り直しです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-15 19:06

はさま定期

一昨日、はさま吹奏楽団の定期でした。

一言で言うと大成功でした。
2部での地元の小中高生との合同ステージも、最後に練習を聞いたのが本番3週間前、不安で不安で仕方がなかったのですが朝のリハーサルを聞いて安心。演奏だけでなく、ステージマナーをしっかりやりました。よく思うのですが、ステージでの振舞い方で演奏会の印象がだいぶ変わります。特に「トゥーランドット」が気持ちよくできました。本番は予定通り、うまくいきました。アンコールで蛍光棒(正式にはなんというのか分かりませんが折ると光るやつ)を振る子供たちの顔があまりにいい表情で、涙が出ました。

第1部でも大河内団長の「アイ・リメンバー・クリフォード」、芳賀先生をはじめ、3人のトロンボーンをフューチャーしたバンドジャーナルの楽譜「スライダーズ・ミックス」をゴキゲンでした。
私が思い入れをもって選曲した「フレースエー」は、果たしてこの曲のよさを感じられる演奏にできるか、気になっていましたが、本番、美しい演奏でした。自分の指揮としてはこの曲を振っているときになにか、確信のようなものが感じられました。アンケートでも予想に反してこの曲は好評でとてもうれしく思いました。

本番こそうまくいったものの、この演奏会は「難産」でした。
いろいろな困難を越えて演奏会を開催した団員の皆さん、本当にご苦労様でした。


そして、昨日は一日同じ登米(とめ)市の登米(とよま)町で遊んできました。
ここは「みやぎの明治村」という触れ込みの観光地で、とても情緒のあるいい町です。
尋常小学校跡、水沢県庁跡などを見学。小学校跡はドコモのCMでも使われたし、JR東日本ののポスターにもなったことがあるので有名ですが中の展示も興味深いものばかりです。
そして、「春蘭亭」という武家屋敷跡の茶屋で休憩。なんと土間のある昔ながらの台所が今でも使われていて、炭の燃えるいろりを囲んでお茶が飲める場所でした。店員の方もすごくフレンドリーで、しばし楽しいおしゃべりを楽しみました。その最中、宮教大に来ているというコロンビアの大学の先生たちという人たちも来て、一緒に写真を撮ったりして楽しい時間でした。
食事は「もん」というお店で名物「とよま丼」。カツ丼のカツが油麩になったような感じでお米もものすごくおいしく、大満足。デザートには隣の味噌屋さんの「味噌アイス」。
登米の人たちもすごく気さくで、人の温かさにも触れ、演奏会の疲れも吹っ飛びました。また行ってみたい。
夕方は地元の学校でアンサンブルのレッスンをして、帰りには「わくや天平の湯」で休み、遅くに帰宅しました。
写真は登米尋常小学校跡です。
c0002528_1217194.jpg

[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-14 12:13

朝食

ここ1年ぐらい、朝食は「やまや」で売っているシリアルを食べています。
ベルギーのやつでいろいろな穀物とドライフルーツのミックス。
なんといっても手軽だし、安いし(1kg 400円) 

でも、最近、品切れなのか、売っている店が少なくなってきました。
他のだと甘すぎたり、高かったりで、この先は微妙。

いいシリアルご存知の方、教えてください。。。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-10 10:59

手帳

今日は夕方のレッスンまでOFFだったのでロフトに手帳を買いに行きました。

今使っている手帳からロフトで売っている「マークス」という会社のものなのですが、我々のような仕事にとって手帳は楽器の次に重要です。どこかに出かけるときも携帯と手帳だけは欠かせません。
中身でこだわっているのは1ヶ月の予定が入るページが12ヶ月連続していることぐらい。
そしてデザインがいいこと。今回はフランス国旗、トリコロールの三色です。
この手帳がまた真っ黒になることを祈る次第です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-07 01:27

3連休

この週末3連休は激しく忙しい3日間でした。

3日は仙南地区の楽器別講習会。午前中は5名の少人数だったのでより細かく、個人的に見ることができました。午後は20人の高校生で、楽しく、充実した講習にできました。
その後、若林文化センターで夜までスーパーバンドのリハーサル。
保科先生の指導は本当に素晴らしく、展覧会の絵の通し練習ではあまりの気迫に打ちのめされる思いがしました。

そして、そのテンションが下がらぬまま4日は本番。
アルメニアンダンスはゲネホン(当日だけ練習に参加して本番を演奏すること。「ゲネラル・プローヴェと本番だけ」の略)だったにもかかわらずトップの席に座らせられ、ドキドキでした。
で、「展覧会の絵」はというと、本番は細かいところで練習の少なさから楽譜から離れられず、音楽に乗り切ることができませんでした。毎年、1回ぐらいしか練習に参加できないのが本当に悔やまれます。特に今年のような内容だったら毎回出てもよかった。
保科先生は「本物」だと思いました。あの年齢で全身全霊でぶつかってこられて、正直それに答えきれていないのが口惜しいのですが、そのエネルギーに触れることができたのは大きな収穫でした。自分も来週は指揮台に立って本番ですし。
打ち上げでは保科先生に個人的に普段疑問に思っている「コンクールの功罪」について質問したところ、とても納得のいくお答えをいただきました。コンクールにどっぷりつかりきらない立場の方から一度それを伺ってみたかったので非常に腑に落ちました。
また、「指導者は、絶えず勉強しながら、自分のしたい音楽は貫くこと」というアドバイスは今の自分にはとても背中を後押ししてくれるお言葉でした。

そして、5日は6:30に家を出て気仙沼へ。一関で高速を降りてからの国道284号線はいたるところに花壇があってとても景色のよい道です。いつも気持ちよく運転できます。
地区の楽器別講習会。一日高校生のクラスを持ち、ここでも和やかな雰囲気で講習をさせていただきました。この日は最初と最後で音が全然変わって、まさに綿に水がしみこむように吸収してくれました。
そして、そのまま隣の登米市に移動。モスバーガーでちょっとスコアをチェックをして22:00まで水の里ホールではさま吹奏楽団のリハーサル。なんとかなりそう。
帰宅したら0:00ちょうどでした。さすがに疲れました…
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-06 13:49

インタビュー

今日はサンリツさんで名取市内の某中学校の生徒さんの総合学習のインタビューを受けました。「職業について」ということで。こういう質問を受けなれてないのでこの答でいいのかなと迷いながらの会話でした。

ついでにマウスピース選定。
6月に選んでいただいたのが早くもちょっと詰まってきて、買い換えました。

午後はお休み。知人の家でくつろがせていただきました。

今週はいい休み時間を過ごすことができました。
週末からまた忙しくなりそうです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2006-11-02 23:59