クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー

<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

後輩

昨日で夏休みも終わり、皆さんが学校に通い始めると私の夏休みが始まります。

結局今シーズンも今日まで休みなく駆け抜けました。
明日は2ヶ月ぶりの休日です。

一昨日、母校の小学校に教えに行ってきました。中・高は何度も行ったのですがなぜか小学校に教えに行くのは初めてでした。
昔と同じ通学路を歩いて登校。レッスンはなんだか不思議な気分でしたがだいぶ年下の後輩たちは素晴らしくいい顔でレッスンを受けてくれました。時々自分の子供の頃の話をするととても喜んでくれて、なんと帰り道まで一緒に下校しました。だいぶ風景もかわりましたがのんびりした感じは昔のまま。今は車で通り過ぎるだけですが歩くといろいろなものが見えます。

とてもいい体験でした。

吹奏楽のシーズンも一段落で早くもアンサンブルに気持ちがシフトしているところも多いようです。曲の相談の方はお早めにお願いします。
ホシヤマさんでのコンサートの企画も年内はおおよそ決まり、9月の自分の曲目をいま考えています。選曲は楽しいですね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2007-08-27 10:18

エキスポ

先週の16日から18日、グリーンピア岩沼で仙台クラリネットエキスポに参加してきました。
講師というより企画担当なのでレッスンスケジュールを考えたり、アンサンブルのメンバー編成をしたり、裏方の仕事の方がメインでした。
東京から新日本フィルの重松先生と東京佼成WOの林先生をゲストに向かえ、毎年来ていただいている仙台フィルの千石先生と副島先生と5重奏での講師演奏ではなんとか邪魔にならないように吹くので精一杯でした。

自分の生徒も何人かでたのですが、他の先生に見ていただくのは少し怖い反面、普段の自分の指導の足りないところに気づくことができます。彼らもそれぞれ考えるところがあったようです。

そして、最後に全員での合奏とアンサンブルのコンサート。
初めて出会う人と即席でアンサンブルを作り翌日本番なのでみなさん必死ですが過去5回の中で一番いい出来だったかもしれません。

夜は夜でひたすら飲み続けるハードな日々。

これで、夏のイベントはひとしきり終わりました。
ですが、ありがたいことに東北大会へ向けた指導や小学校の指導で残念ながら休みにはなりません。そろそろ疲れてきました。
来週になったら少し休もうと思います。
[PR]
by clarinette-kanou | 2007-08-21 09:13

12年の積み重ね

昨日は千石先生の門下生のコンサートでした。
11年前に自分で始めたものですが、今年は純粋にプレイヤーとして参加しました。

先日のメールでも書きましたが伊藤君とのアンサンブルを3つもできて、久しぶりにいい緊張感で演奏できました。本番中、もう、吹いていて楽しくてしょうがない。
リハーサル回数の少なさやさらっていないことを考えると奇跡に近い本番でした。
特にデュオは第1回のときにやって曲を11年ぶりに演奏したのですが「11年前の方がうまかったかも…」なんてリハでは落胆しましたが本番、相当の集中力でとてもいい演奏になりました。
12年で少しは成長したようです。

明日からのクラリネットエキスポのため、今夜から岩沼です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2007-08-15 11:21

クラリネットな夏

吹奏楽コンクールが終わると「クラリネットの夏」です。
11日に自分の生徒とネッツトヨタ遠見塚さんでアンサンブルコンサート、そして、明日は千石先生の門下のサマーコンサート、さらに、16日から18日までグリーンピア岩沼でサンリツさん主催のクラリネット合宿。

11日のコンサートは昨年よりさらに生徒さんたちの成長が感じられるコンサートでした。
とくに、合奏で演奏したモーツァルトの2曲がとてもよくて、振っていて、とても幸せを感じる週間でした。終わった後も、焼肉食べ放題でかなり盛り上がりました。。。

明日のサマーコンサートは久しぶりに東京都響の伊藤君とアンサンブルを演奏します。
昨日、リハーサルをしましたが、圧倒的です。千石先生、伊藤君、大場さんとのカルテットもなかなか聞きものです。これを無料で聞けるのは相当ラッキーです。毎年、本当に「客入りの悪い」コンサートが、よろしければ是非ご来場ください。15:00長町の楽楽楽ホールです。

合宿も5年目で、ようやく勝手が分かってきたように思いますがメンバーも殆ど入れ替わるので1回1回新鮮です。

毎日楽器が吹ける生活ってやっぱり幸せですね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2007-08-13 10:30

県大会

今日で4日間の宮城県大会も終わりました。

実は先週から体調が悪く、病院では疲れではないかといわれていました。
そんななか、山形での指導、白百合学園のコンサート、その後釜石、盛岡へ移動、盛岡では指導者講習会の講師という初めての仕事。

盛岡が終わった瞬間に風邪をこじらせてしまいました。
土曜日の中学校の部は結局聞かず、家でダウンしました。
まだ喉がつらいです。

それにしても密度の濃い1週間でした。

特に、30日の仙台白百合学園オーケストラの演奏会では、急遽ラフマニノフの交響曲第2番のトップを吹くことになり、相当テンパってしまいました。実はラフマニノフのこの交響曲は高校時代から憧れで、この3楽章のソロを吹くのは夢だったのですが、このような急な代役で吹くことになるなんてびっくりです。前日に1回、当日に1回通しただけでの本番でしたが、とても幸せな時間でした。

その翌日には釜石に移動。とある学校のレッスンをして、そのまま盛岡に移動、火曜日は盛岡の小学校管楽器教育研究会の指導者研修会でモデルバンドを使って基礎合奏の仕方をやってみせる。という仕事をしました。誰に話すのかという観点が微妙に難しく、緊張しました。
午後は八戸の湊小学校の橋本先生の実践発表に感動。

宮城県大会はとりあえず、風邪でいけなかった中学校の部以外の指導した学校は聞きました。
ソルフェージュの重要性にとても気がつかされた今年のシーズンでした。
今後の課題は金管の指導といかに「面白く」曲を作るかということです。

コンクールが終わっても開放されるわけではないのですが、気はずいぶん楽になります。
明日は東北小管研の研修会、そして、明後日からは土曜日のネッツトヨタでの発表会に向けて生徒さんたちとのリハーサルが続きます。

また、8日、音楽家ユニオンの「グローバル・ピース・コンサート」では裏方スタッフとして働きます。
チェロ四重奏とケーナ・サンポーニャ、ギターの共演です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2007-08-06 00:36