クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

寒くなりました

土曜日から昨日まで郡山にいました。
土日は今年度3回目の楽器別講習会。今回は中学生のみなさんの伸びがすごい。最後にみんなで演奏したロンドンデリーの歌もなかなかでした。
夜は陳健一さんの写真が店頭に出ている四川料理のお店へ。辛いけどおいしかった!

講習会のあとはもう1泊郡山に泊まり、昨日はある学校にアンサンブルの指導に。
ところが、朝のニュースを見ていたらなんと仙台は雪! これはまずいと思い、あわててカー用品のお店に行き、タイヤを買い、その場で交換してもらいました。
幸い、仕事は15:30からだったのでついでに駅前のデパートでちょっとした買い物。
メールアドレスも変えましたが、ちょっとしたものを変えると気分が変わって楽しいですね。
本当は新しい財布を探していたのですがカードホルダーを買ってしまいました。

帰りは二本松のあたりが-2℃でしたが乾燥した路面だったので危ないこともなく、安心して帰りました。
[PR]
by clarinette-kanou | 2007-11-20 09:54

作並での休日

昨日は午前中一人レッスンをし、午後は作並のほうに遊びにいってきました。
紅葉もきれいで、夕方になるとまさに「山が燃える」よう。
いつも山形にいくときに使う28号線ですがこうしてみると観光地も多く、意外な感じもしました。
作並の手前の「どうだんの里」でおいしい新そばを食べ、そのすぐ近くの「鳳鳴四十八滝」に。鳳凰が鳴くような音がするからこのような名前なのだそうです。(鳳凰がどんな風に鳴くのか聞いたことはないですが)滝が階段状になっていて、なかなか壮観でした。
c0002528_1035435.jpg

その後、一の坊で温泉に。「鹿のぞきの寝湯」という目の前は断崖で、枯葉が落ちてくる露天風呂でした。すっかり癒され、久しぶりに休みらしい休みを過ごすことができました。
[PR]
by clarinette-kanou | 2007-11-09 10:38

クラリネットフォーラム

先週の土曜日、自ら企画した「仙台クラリネットフォーラム」が無事終了しました。

師匠の野田、日比野両先生によるアンサンブル公開レッスンとスペシャルコンサート。

公開レッスンは時間を大幅にオーバーするほどの熱の入りようで、聴講していても全く飽きない2時間半でした。指導のネタもしっかりいただきました。。。。

コンサートは自分に関してはやはりバセットホルンで苦戦。両師匠には最後までご迷惑をかけてしまったものの、一緒に吹いているだけで楽しくなってしまうトリオでした。
慣れるとバセット版のほうが面白い。
両師匠の演奏は感動もので、まず音に圧倒され、音楽も素晴らしく、久しぶりにいい音楽をきいた思いがしました。

本番後も遅くまで楽しく飲み、いい師匠に恵まれたと幸せを感じました。

よくよく考えてみると、今年のクラリネットの本番はあと12月23日の石田さんのお宅でのコンサートを残すのみとなっていました。夏にずっとクラリネットを吹けなかった後遺症が今頃現れてきて、基礎的なことが若干弱くなってきたので本番のないのをいい機会にエチュードや曲をまた勉強しなおそうかと思っています。

アンサンブルの指導の方は土日こそほとんど埋まってしまったものの、平日はまだガラガラです。あとは、はさま吹奏楽団の定期。2年目となる地元の子供たちとの共演は昨年より大幅レベルアップ。昨年と目つきが全然違います。なんだか期間限定のジュニアバンド的な様相を呈してきました。1年たって大きく成長したみなさんと演奏できることは本当に楽しみです。
まず、スコア暗譜しないと。
[PR]
by clarinette-kanou | 2007-11-06 22:54

バセットホルン

明日の「クラリネットフォーラム」ではバセットホルンを吹きます。
日比野先生からお借りしたのですが、右手の親指で最低音のレ・ドをふさぐので普段使わない動きがたくさん出てきます。ここ数日、とにかくこれに苦戦中で、音程もなかなか思うようにとれないし、結局、マウスピースも普段は5RVライヤーですが、B40ライヤーを使い(今回のバセットは普通のクラのマウスピースで吹くタイプ)、あえて3番のリードにし、その上、秘密兵器「クラリパッチ」(リードとマウスピースの間に挟むとリードの振動がよくなるという恐るべき銀シート。錦糸町のクラリネットショップさんで昨年衝動買い)を装着。なんとかこれでちょっとはマシになったかな。という感じ。
それにしても、いつもはさらわなくても吹けるはずのモーツァルトのディヴェルティメントでこんなに苦労するなんて…

さて、本番どうなるか。乞うご期待です。
尊敬する師匠お二人の演奏はきっと間違いないでしょう。特にメンデルスゾーンは原曲どおりクラリネットとバセットホルンで演奏されます。よく演奏される曲ですがこの編成ではもしかしたら仙台初演かも?

まだ若干席に余裕がありますので是非お越しください! 
[PR]
by clarinette-kanou | 2007-11-02 02:20