クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー

<   2009年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

いろいろある

「目の前に起こることは自分の内面が現実化しただけ」

なるほど。
[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-28 23:06

インフルエンザとリード

自分は大丈夫なのですが、明日卒業コンサートを迎える上野山小学校では大流行で、明日果たして全員でステージに出られるか心配です。

過去にも書いたことがありますが一度、楽器別講習会でインフルエンザをもらってきたことがあります。その当時は受講生全員の楽器を吹いてリードやメンテナンスのアドバイスをしていました。
今はすぐにセクハラと言われてしまったり、生徒さんに露骨に嫌がられたりすることがあるので基本的に講習会で生徒の楽器は吹きません。(ただおじさんになったからなのかもしれない)
個人の生徒やいつもうかがっている学校ではやりますがなかなか難しいご時勢になったものです。つい数年まではリード楽器は先生が生徒の楽器を吹くななんてあたりまえで何でもなかったのですが… 
もしかしたらそういうデリケートすぎるところが今の子供たちの抵抗力を弱くしているのかもしれません。

でも、実際、生徒の楽器を吹かなくなって、指導が悪くなったかというと逆になんでもリードのせいにしなくなって良かった部分もあります。どうしてもリードを変える必要がありそうなときは未使用のリードを1枚あげます。
大抵はそれでよくなります。今使っているリコ・シックブランク・アンファイルド(通称赤箱)は「はずれ」が少なくていいです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-27 10:31

課題曲

今日はヤマハの講師研修会。

毎年恒例の課題曲の音だしの会です。

長い方の2曲がいい曲ですが難易度的にはかなり難しいかも。

いよいよ春休みになるとコンクールのための合奏のレッスンが始まります。

早くも5,6月の日程もちらほら入ってきました。
[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-26 17:03

感想文

今日は「あすなろコンサート」の総括会議で東京へ行っていました。

会議では今年度の報告と来年度に向けた話をしましたが、今年伺った学校さんの感想文の中で、事務局の方が絶賛の絵がありました。
c0002528_23413256.jpg

こういうの、うれしいです。
「だんだん小さく」の最後のところ。マウスピースだけで吹いている絵です。1年生にしてはかなり良くかけてます。しばらく、部屋に飾っておこうと思います。
[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-25 23:42

縁の輪

今日はある打ち合わせのため、かなり久しぶりに錦町の「銀杏坂」に。

ゴスペルシンガーでグラフィックデザイナーのジョン・ルーカスさんのライブが毎週火曜日と言うことで素敵な歌を聞かせていただきました。あまりクラシック以外の歌を生で聴くことがないし、あってもあまり関心したことがないのですが今日の彼の歌は心の奥に入ってくるものがありました。
ピアノの真壁君も若いのに絶妙なサポート。帰りに話していたら驚くほど縁がつながっていてびっくりしました。私が教え始めた頃に高校生で、確かその当時、ちょくちょくその高校に教えに行っていたと思うのでもしかしたら廊下ですれ違っていたかもしれません。
彼らのマネージャーの郷家さんとも、非常に不思議な縁で、初対面は今年だったのになんと「ファンタスティックナイトに来てくださっているということが判明。

その上、久しぶりに来た「銀杏坂」は数年前、お世話になっているヒーラーの師匠と初対面したお店。

人はどこかでつながっているのだという縁の不思議さを心地よい歌と共に楽しんだ夜でした。
[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-24 23:10

指導者講習会

土日と北上市で東北吹奏楽指導者講習会でした。

まずは会場の「さくらホール」の素晴らしさにびっくり。仙台にも欲しい施設です。
ホールそのものの良さもさることながら、ホール以外の場所は自然光がふんだんに入り、レッスンルームも充実していて、その上、バックステージも使いやすそう。

講習も大変充実していて、特に伊奈学園の宇畑先生の講座はものすごく参考になりました。それも、楽器を持つ以前のコーラス、リトミック、ブレストレーニングなどの意図。こういうことをちゃんとやっていれば音楽的なことなどもすぐに入るんだろうと感心しました。来年度はこれらの要素も取り入れて合奏指導でいたら思っています。
ちょうど、来月宮城県内の2地区で合奏講習会の講師をすることになっているのでその意味でも宇畑先生の講座を拝見できたことは大きな収穫でした。モデルバンドを使って指導するところを見せると言う仕事は一昨年の盛岡での小学校管楽器教育研究会の研修会以来です。特に高校のバンドをモデルにしての講習と言うことで身が引き締まります。
[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-23 23:30
ヤマハの同僚でチューバの谷藤さんが来月リサイタルを開催します。
なんと花巻、仙台、盛岡の3公演。すごい体力です。
谷藤さんとはこの何年かよく講習会でご一緒させていただいています。
なんといってもパワフルなキャラクターが忘れられませんが同時に生徒さんたちを思いやる繊細さもたくさん持ち合わせていて、話をしているとまだ若いのにすごいなあと感心することもしばしばです。
何年か前には花巻旅行を案内してもらったりもして、楽しい仲間の一人です。
これまた同僚の緑川さんのマリンバの共演で遠藤正樹さんの新曲やテューバのオリジナルからフルートの作品を編曲したバロックまで、この楽器の表現力を余すところなく堪能できそうです。

私も仙台公演を聴きにいくので今からとても楽しみです。
c0002528_21562317.jpg

[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-22 21:58

整理

携帯のアドレス帳は200件ぐらいまで増えました。

偶然ではなかったのかな… なんで考えます。

一度、整理が必要。ということだったのかもしれません。
今回、データが消えてもう二度とアドレス帳に戻ってくることはない方々もたくさんいると思います。
でも、本当につながる必要のある人がまた連絡をくれるだろうし、また、こちらが本当に必要なら何が何でも探すでしょうから、これもご縁というものなのでしょう。

そのほかの面でもこのごろ、離れる人もあり、逆に再び身近になる人がいたり、今まであまり好きではなかったものが好きになったり、変化と言うのはいつ訪れるか分からないものです。

明日明後日は北上での東北吹奏楽指導者講習会に参加してきます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-20 22:56

姿勢と呼吸

この間買った「良い姿勢と良い呼吸が良い音を作る」というすごいタイトルの本を少しずつ、自分に関係がありそうなところから読み進め、実践しています。

「呼吸は鼻から」
「後ろから風が吹いてきて、自分のところで音になる感じ」
「楽器を持つときは楽器が手にはまっているだけ」

等など、ちょっとじっくりやってみたらなるほど。少しずつ分かってきました。

なかなかいい本です。
この手の本は実践が難しいですが非常に親切に書いてあります。
[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-18 22:48

復旧作業

携帯の電話帳も多くの方々のご協力で一番頻繁に連絡を取る仕事関係の連絡先は概ねもどりました。モツレクの日に管楽器の講師仲間とチェンバーアンサンブルのメンバー、クラリネットの後輩、生徒が一緒だったことが幸いしました。

それにしても、携帯に頼りすぎる生活に若干の危機感を感じました。

今月はゆっくりの日が多くて、PCに入っていた過去の演奏会をDVDに落としたり、読書をしたり。もちろん、練習も。

次は、5月1日のスプリングジョイントコンサートに向けてバルトークの練習を始めます。
余りに過ぎるのでじっくり取り組みます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2009-02-17 13:59