クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー

<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今月のバンドジャーナル

今月号のバンドジャーナルの特集「合奏力アップのポイント」、いま自分が一番欲しかった情報で楽器店さんの店頭でちょっと立ち読みし即購入。

有機的な基礎合奏というテーマでしたがいま悩んでいたことをズバリ答えていてくれていました。

自分に合う指導のスタイル(マニュアル的な部分での)を見つけられなくてなかなか苦労しているのでもうちょっと熟読して役立てようと思います。

このごろ他の先生がどんな風にご指導されているのかにとても興味があります。機会を作って見学に行きたいのですがなかなか都合がつかないでいました。
県大会の前後で先輩講師の先生や尊敬している学校の先生に合奏を見せていただこうと思っています。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-30 19:09

三度目のお稽古

今日は三度目のお茶のお稽古。

「お若いから覚えるのが早いわねぇ」とのお言葉。

恐縮です。

次からいよいよ少しずつお茶を点てることも始まるらしいです。

没頭する2時間、とても心のリフレッシュになります。

お茶の方はペースがわかってきたので今度は体を動かす趣味をはじめてみようかと迷っています。
武道かダンスなんか考えていますが…
ちょっといい自転車もほしいし…
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-29 18:57

指導のレベル

今日はある高校にパート指導に行きました。

このところ、小学校や中学校でも「県大会で銀賞」ぐらいのところを金賞や代表に持っていくために指導に行くことが多かったので東北大会レベルの高校生のレベルの高さに最初は戸惑いました。
段々慣れてきたら指導できるようになってきましたが高いレベルの指導は楽しいですね。

自分の音にも厳しくないといけないし、とても自分の練習がしたくなりました。

明日はエニグムのリハーサルです。
来週大崎市内の幼稚園に行くので楽しみです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-27 22:41

土曜日のホシヤマで

3日空けてしまいました。
この数日間、忙しかった訳ではなかったのですがいろいろ考えなくてはいけないことがたくさんあり、このブログまで手が回りませんでした。

音楽ユニオンで立ち上げた「スマイルプロジェクト」という被災地の小学校への訪問演奏のことやチェンバーのホームページの更新、もちろん日々のお仕事。

土曜日のホシヤマサロンコンサートは一回り離れた若者たちと共演でしたが楽しく吹けました。若い人から刺激を受けるっていいですね。

ひとつ、発見もありました。
無伴奏でバッハのチェロ組曲の中から演奏したのですが、練習の段階からもう一人の自分が激しく自己批判をしていました。「こんな練習できないときにこんなの選んでバカじゃないか」「下手クソ」「バッハのチェロ組曲なんてわさわざクラリネットでやる必要ない」「こんなもの誰も聞きたいと思ってない」
等々。
いつもだとここでナーバスになってしまうのですが今回はもう一人の自分はできるだけ無視して音や楽譜、音楽を先入観を持たずにありのままを見よう、としてみました。
最初はなかなか自分の声が収まりませんでしたが徐々に心が軽くなってきて、演奏しながら違う場所にいるような感覚になりました。「こうあるべき」という枠を外すとこんなに楽になるものなのだと驚きでした。

本番もそんな感じで何故かあまり緊張もせず、フッーと吹いたら終わった、みたいな感じででした。でもフレーズ感とか拍の重さとかとても自然に感じることができて、不思議なことに少し重いリード(4ヶ月ぶりに4番のリードを使いました)なのに息がもつ。

録音機の電池が伐れてしまったので仕方なくスマホのボイスレコーダーで録音しましたが自分の演奏のように聞こえませんでした。ミスもいつもに比べたら格段に少ない。

他のアンサンブルの曲もほとんどノーミス。なかなかできない体験でした。

まだまだ、学ぶことはたくさんありますね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-26 23:59

二度目のお稽古

今日は二度目のお茶のお稽古。

今回は基本の袱紗さばきの続き、なつめと茶杓の清め方。

結構楽しくてあっという間の90分でした。

先生が、
「だんだんできるようになってくるといろいろなことが怖くなってきます。初心者のほうが堂々としてるんですよね。
私も一時は茶杓を持てないほど怖くなったことがあります。でも、それを超えたらさらに深みが出たように思います。」

とっても共感できました。

まだ2度目だからだと思いますが私にとっては袱紗を扱う動作を何度もやるだけでもとても集中できていいリフレッシュになっています。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-22 23:57

理念

今日はチェンバーのメンバーとの昼食会。

このごろ、いろいろ考えることがあり、チェンバーとしての理念を考えたり、今後の活動を考えたりしていました。そこについメンバーからの意見をいただきました。

ただ自分たちが好きな音楽を演奏できればいい、というレベルではなく、「演奏することで聞く人にもっとなにかを届け、心に豊かさや喜びをもたらすことで社会に貢献する」という言葉にすると当たり前のことをきちんと実践でやりたいと思っています。
その前提となる理念をメンバーを共有できたことはとてもありがたいことでしたが実は
「果たして受け入れてくれるだろうか」
という恐れがありましたが実際に話してみるとただの杞憂。

いい仲間にめぐり合えて幸せです。
とりあえず9月1日の会津でのイベントでその理念をどう実際の演奏につなげるか考えます。
夢のあることだとやっぱり燃えますね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-21 22:01

予定外のオフ

今日は昨日の台風の影響で予定されていたお仕事がキャンセル。

午前中は髪を切りに行き、さっぱりしました。

午後は事務作業。

ユニオンの仕事で半日かかりました。
いま二つのプロジェクトを抱えているので結構大変です。
パソコンの前にいる時間がどうしても多くなります。

でも、今日はオフだったおかげでたまっていた仕事が進みました。人生万事塞翁が馬。

ところで、スマホアプリ「測るだけダイエット」を始めてから、体重ってこんなに変動するものなのかと驚いています。そして、ここのところ、ここ10年で最高の体重を記録しています。
なんとかせねば。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-20 23:12

クラリネット三重奏

今日は今週の土曜日のホシヤマサロンコンサートのための合わせ。

同門の後輩で若手の葛西さん、渡部さんとのクラリネット三重奏です。
こないだエニグムでやったモーツァルトとウェントスもやりますが今回はパートが違います。どちらも三番パート。
今回は吹奏楽シーズンであまり余裕もないので若い人に上を吹いてもらおうと思っていましたがやはり、正解でした。
若者はさすがに上手で熱心。感心させられます。

エニグムで演奏した二曲を違うメンバー、違うパートでやってみて、気がつくのはその曲に対するアプローチが「日比野流」になってるなぁということです。表現が明確で分かりやすい。
エニグムでやっていると最初は自分にはないアプローチを提示されるのでついていくのに精一杯なのですが本番の頃には自分のなかに染み付いてきます。
毎年これがすごくよくて、ここ数年、エニグムが自分の演奏のレベルを支えていると思います。

今回はベートーベンの「悲愴」の第二、第三楽章もやります。

リハのあとは泉のアウトレットのバーゲンへ。シャツを購入。夜は音楽ユニオンが加盟する「マスコミ文化共闘会議」の幹事会でした。

外はすごい雨風。各地で被害が大きくならないことを祈ります。
明日は台風の影響でお仕事はすべてキャンセル。思わぬところでオフになりました。髪を切りに行きます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-19 23:21

お土産

今日は登米市内の中学校で合奏指導。

朝、ちょっと早くついたので近くにあるお土産やさんで買い物。
登米といえば最近B級グルメの「油麩丼」で有名ですが、なんとその歌を地元のバンドが歌っている、ということでCDを手にとって見たらすかさず店員さんに説明されてしまったので購入。300円でした。

あとは地元のおいしい味噌とごまのめんつゆ。今日早速そうめんで食べましたがなかなかいけます。
あとは地元名物の瓦せんべい。

遠くで指導するときはできるだけお土産を買うようにしています。
自分がほしくて買うのもあるけど、少しでも地元にお金を使ったほうがいいかな、ということで買います。

今日も一日気持ちよくお仕事できました。感謝です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-17 22:51

吹奏楽指導のあれこれ

今日は石巻へレッスンに。

昨年は三陸道が毎日大渋滞だったのでわざと大和経由で行っていたのですが今年は三陸道からいけて少し楽です。

今日もつい力が入ってしまい、30分予定より伸びてしまいました。
今年はなんだか合奏指導に気合が入ってます。

今年度、JBCバンドスタディの「チューニングパターン」を結構まじめにやっているのですが、よく考えられててさすがだと思わされます。
自分の演奏の時にもこれでチューニングするとなんとなくいい気がするし。
若いころは生意気で、「こんなの」なんて馬鹿にしていたのですが今となってはそんなことを言っていた自分に赤面です。

今年の課題曲、なにげにいい曲が多いような気がするのですが気のせいでしょうか。
特に2のマーチがとても好きです。参考演奏ではあまり気にならなかったのですが、指導しているととてもいい曲で、中間部のメロディが美しい(美しく演奏できるようにしたいですね)。
じゅげむも最初は嫌いだったものの、食わず嫌いだったようでやってみると何気に面白い。
さくらのうたも普通にきれいです。
4も金管大変だけど曲は素敵。

課題曲をいい極だと思える年は指導も飽きないですね。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-06-15 22:18