クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

岩手ツアー

久慈、山田ツアーから無事に帰りました。

ですが、夏の疲れが一気に出たのか、帰りの道中から体調が悪くなってしまい、昨日は熱っぽいなかチェンバーのリハーサル。そして小学校の指導。
夜に帰宅して熱を測ったら38℃近くまで熱が上がっていました。朝になって熱は下がってきたものの喉が腫れっぽくなってきたので今日は大事をとってチェンバーと9/8の胎教コンサートの二つのリハーサルをキャンセルして休んでいます。
土曜日の会津での本番に間に合うように回復します。

岩手での3日間は濃密でした。移動距離じつに750km。
天気もよく、長距離の運転もあまりストレスになりませんでした。道中、通過したすべての道の駅に寄り、できるだけ土地のものを味わいました。(大野、久慈、野田、田野畑、田老、宮古、川井、区界高原)

演奏はどの学校でもとても喜ばれ、いい顔をした皆さんの前で演奏でき、楽しいひとときでした。

また、久慈から宮古への45号線は田野畑の断崖絶壁にできた思惟大橋たもとにある道の駅では橋ができる前のエピソードが書いてある石碑を見て感慨に耽ったりしました。橋ができる前は「辞職坂」という難所で、赴任した学校の先生や役所の職員が坂があまりに厳しいので引き返して辞職するほどの険しさだったそうです。
そのエピソードを読んだ翌日、行った学校の校長先生も田野畑にいたときの話をしてくれて同じ話を聞かせてくれました。今ではそこを年に一度通り、先人の苦労を偲ぶそうですが橋ができたのが昭和59年だそうなのでつい最近のことです。改めて自然の厳しさを感じました。

また、田老ではよくテレビに出てくる大きな防潮提と建物の土台だけが残り、そこに雑草が延び放題になっているかつても町を見ました。言葉がつまりました。
至るところにある仮設住宅や津波到達の標識に改めて震災の被害の甚大さを目の当たりにしました。仙台でも海から離れたところにいるとだんだん震災のことが薄れてくることがありますが復興はまだまだです。私も自分にできることをしていこうと思います。

ということで、今日は一日休んでまた頑張りたいと思います。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-30 11:43

明日から

私が事務局長として立ち上げた「スマイルプロジェクト」の公演が始まります。
これは音楽ユニオン東北地方本部として独自の震災復興活動ができないかと模索した結果、岩手、宮城、福島3県の沿岸部の自治体の小学校でのコンサートをするプロジェクトをしようというものです。

4月に350校ほどの小学校に案内をだし、そのなかから応募のあった33校と三ヶ月かけて日程と演奏者の調整を行ってきました。夏のコンクールシーズンでかなりハードでしたが学校さんから辞退のあったところを除いた32校でコンサートができる運びとなりました。まだ演奏者が確定してなかったり、学校からの返事待ちもありますが、とりあえず明日最初の実施の為岩手に移動します。
月曜日は久慈市で2校、火曜日は山田町で1校です。最初は事務的な段取りのリハーサルも兼ねるので私自ら演奏に行きます。共演はヴァイオリンの岡さん、ピアノの山形君。

このプロジェクト、最初はかなり規模を小さくやる予定だったのですが、話が進むうちにユニオンの全国本部や各地の地方本部から応援を頂いたり、被災地の音楽家を応援したいということで国際音楽家連盟や芸団協からも支援を頂いたりすることになり、希望のあったすべての学校で実施できることになりました。仕事量と責任は大きくなりましたが本当に感謝です。

明日からも暑いようで、タキシードでの演奏はさらに暑くなりそうですが子供たちに音楽を届けに行ってきます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-25 21:02

ノラ猫

今日は遅いお墓参りでした。

北山にあるお墓について、丘の上にあるうちのお墓に歩いていたら、野良猫と思われる子猫が私についてきました。

そのままうちのお墓まできて、その辺を歩き回っていたのですが、線香に火をつけようと思ってお墓の縁に座ったら、子猫が私の膝に乗っかってきました。初対面なのになつかれてる。

可愛い。

写真にとろうと思いましたがタイミングを逃してしまい、とれませんでした。

このまま、連れて帰りたい、と思いましたが、うちには一匹いるので残念ながらおいて帰りました。万一飼い猫だったらわるいですし。

やっぱり猫の匂いがするんでしょうか。
それとも、居間においてあるマタタビの匂いを感じたのか。

でも、かなり癒された一瞬でした。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-24 21:49

今日は茶道の話

先日、お世話になっている茶道具屋さんで銘品を展示する会があるということなので拝見しに行きました。

箱しか見られませんでしたが100万円の茶杓とか、桃山時代の風炉とか江戸時代の掛軸、茶碗も50万円、80万円など目が飛び出るような銘品の数々をお店の方の解説で見学。
いいのはわかりますが正直言ってまだ価値がわかりません。「弦楽器の値段と似ていますね」なんて会話をして、おいしいお菓子とお抹茶をいただきました。
あと何年かすると価値が分かるようになるでしょうか…

先日の合宿ではピアノの門脇さんが高校時代茶道部の部長だったことが判明。
おいしくお茶をたてるコツを教えてもらいました。
吹奏楽だって高校の部活でやってたレベルと大人になってから始めたレベルは相当違うことを考えたら茶道の上で門脇さんははるか雲の上のレベルです。

習い始めて2か月後たち、茶道関係の方から知り合いの音楽関係者の名前が聞かれたりすると改めて世の中狭いなぁなんて思ってしまう今日この頃です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-22 23:00

ご無沙汰しました

ご無沙汰しました。

約一週間、忙しくしていました。

自分の生徒さんたちとの合宿は今年も楽しく3日間過ごしました。ペンションの皆さんにもとてもよくしていただき、コンサートもとても盛り上がり、充実でした。

合宿から帰ったら急に疲れが
出たらしく、昨日は朝からめまいがしてレッスンをキャンセルしてお休みをいただきました。

年々体は無理がきかなくなりますね。

コンクール関係も今週は東北大会に出られる小学校の指導が続きます。今日は盛岡で、いま帰りの新幹線にいます。
そして、日曜日から久慈に出発、音楽ユニオンのスマイルコンサートで3校の小学校でコンサート。それが終わったら久しぶりのチェンバーのリハーサル、そして会津子育てフォーラムでのコンサート。

9月に入ったら平日ちょっと休めるかな…

というわけで今日からまた更新を再開します。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-21 18:39

この数日

ご無沙汰してしまいました。

ここ数日、飲み会が多かったりしてなんとなく更新しないまま数日過ぎてしまいました。
日曜日はクラシック音楽コンクールの審査で八戸へ。
昨日はNHK交響楽団の首席クラリネット奏者、伊藤圭さんに私の生徒をレッスンしてもらいました。素晴らしいレッスン。こういう機会があると私も日常のレッスンでどういうことをすればいいか客観的に見ることができます。
夜はもちろん、飲みに。学生の頃と変わらないノリで盛り上がりました。

そして今日は日曜日に続いてクラシック音楽コンクールの仙台の予選の審査。
皆さん、とても素晴らしい演奏でした。

吹奏楽コンクールが終わったと思いきや、今度は東北大会に出る小学校の指導依頼が立て続けにきたり、毎日演奏関係や合宿の準備、そして、秋の本番ラッシュのための打ち合わせ、準備、ユニオンの書類作製、合間に個人レッスン。正直目が回ってます。
吹奏楽コンクールの時期は指導だけしていればいいのですが、この時期は頭の切り替えが大事です。

何だかんだいって毎日すごく充実しています。
お仕事ひとつひとつ楽しませていただいて、ありがたいです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-14 23:11

ドビュッシー展

昨日ユニオンの大会の後は4月の「学び場サミット」であった方とお茶をしました。
ビッグサイトから駅に向かう途中で突然声をかけられ、いろいろ話、名刺交換をしてその場はお別れしたのですがその後、メールを下さって、今度東京で会おう、という話になっていました。
仕事のことや音楽のこと、とても前向きな話でとても盛り上がりました。

そして、東京3日目は東京駅前のブリヂストン美術館へ。
「ドビュッシー 音楽と美術 ~印象派と象徴派のはさまで~」
というタイトルに惹かれました。
今年は没後150年なんですね。忘れてました。

モネやルノワールなどの絵画ももちろんすばらしかったけど、一番興奮したのはドビュッシーの自筆譜でした。とても繊細な音符の書き方でした。
実は作曲家の自筆譜を見るのは初めてです。
自筆譜の写し(ファクシミリ)収集する方の話をたまに聞きますがいままでは何が面白いのかよくわかりませんでした。ですが、この自筆譜を見ると、これもすでに音楽の一部です。とにかく繊細。これを見たらまたドビュッシーの音楽に触れる気持ちが変わりそうです。
恥ずかしげもなくガラスケースギリギリに顔を近づけ、食い入るようにみてしまいました。それもかなりのテンションで。

そして、3日間けっこうハードだったので楽譜はあきらめ、すぐに新幹線に乗り、帰りました。
やっぱり仙台は快適です。
これで、今シーズンもひと段落。
とはいえ、早くもアンコン、そして8月末から始まる怒涛のような本番、本番、本番。
今回は打ち合わせなども自分でしないといけない本番が多いので事務が結構たいへん。

写真はドビュッシー展で買った「金太郎飴」なんとドビュッシー(笑)
c0002528_21113041.jpg

[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-07 21:10

真夏の東京

昨日から東京に来ています。

昨日はN響ほっとコンサートを聞きに。オルガン大活躍だったのに座席がオルガンの真下。ステージもコントラバスが立ちはだかってかんがっきがほとんど見えないと、あまりいい条件ではありませんでしたが指揮者の山下一史さんの表情はよく読み取れて楽しめました。
宮城県吹連の指揮講習会で一度レッスンしていただいたことを思い出しました。

帰り、渋谷のタワーレコードでCDを物色。
仙台では手に取ってみられないのでついつい長居してしまいます。
横川先生と亀井良信さんの、どちらも最近発売になったフランス物の録音、そして、ジャックランスロ見たことがない二枚組。モーツァルトの協奏曲ですが、オケが普通手にはいるパイヤールじゃなくて違うところ。それにブラームスのソナタ第二番。これに惹かれて即決。
あとは持ってたはずなのになくしてしまったデュトワとモントリオールのラヴェル、ドビュッシー。ポールメイエの吹くクロンマーの協奏曲も誰かに貸したままなので購入。カップリングでフルートのランパルが共演している「協奏交響曲」がとても好きです。
あと、ヴィドールのオルガン交響曲、吹奏楽でも「オルガンのような響き」なんてよく例えを使うけどオルガンを普段あまり聞かないのでたまには本物のオルガンも聞こうと。曲もクラリネットの「序奏とロンド」を書いたヴィドールならいい曲に違いない。

と久しぶりに大人買い。
こんなにクラリネットのCDを買うのはいつ以来か。

そして、今日は音楽ユニオンの全国大会。東北地方本部からの代議員として出席しました。
音楽での復興へ心強い応援もありました。

それにしても、昨日は暑かったですが今日は午前中土砂降りであまり暑くならず助かりました。かなり、濡れましたが…

今日も東京に泊まって、明日は楽譜を物色したり、美術館によって帰ります。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-06 17:34

「仕え合う」

昨日、お茶の先生から「裏千家茶道」という本をお借りして早速読んでいます。

そのなかに「仕え合うことにより幸せを実践する」という言葉がありました。
昔の本で「幸せ」をたまに「仕合わせ」と書くものを見たことがありましたが日本人にとって「仕え合う」=「幸せ」なんですね。
日頃から心がけたいと思います。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-04 12:46

順調にダイエット

今日は午前中イズミティへ。
関わった学校さんが午前中に集中したので聞きました。

本番が終わったあとの生徒さんの表情がとても好きです。

そして、お茶のお稽古。
「運び」をしばらくやりましょう。とのこと。柄杓の扱いに苦戦。

ところで、ダイエット、順調に進んでいてこの2ヶ月で2キロ減りました。
体が軽い。そして、ベルトが緩くなりました。
目標はあと5キロです。
測るだけでダイエットできるって本当です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-08-03 17:55