クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー

<   2012年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

かわいい

木曜日、盛岡から帰る新幹線各車両にこんな絵が。

先頭(南側)から東京、そして、後ろは青森県まで、Suicaのペンギン(名前は知らない)が各県の名物と絡んでる。

かわいい。

昔ピングーにはまったことがありましたがペンギンキャラって好きなんです。実は。

このグッズ、売ってないのかな?
c0002528_0532960.jpg

c0002528_0535427.jpg

c0002528_0545040.jpg

[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-29 00:50

本番に生きる

昨日、今日とまた本番続きでした。

まず、おととい、昨日とホシヤマさんでのコンサート。私は1曲だけ吹いてあとは司会。
「エスプリ」のお二人はとても音楽に対して真摯で私も見習いところ多々ありました。

そして、昨日の午前中は盛岡の幼稚園で演奏。
楽しかった。
幼稚園での演奏はテンション勝負。
最後に「さんぽ」を一緒に歌ったときはちょっと泣けました。
そして、先週の福島のリベンジ成功。

今日は木管五重奏で福島県田村市へ。
こちらも充実した本番。

明日は東京で後輩の結婚式にでて、そのまま郡山に泊まり明後日は福島県小野町の小学校。
今回はチェンバーです。

とりあえず、そんな生活をしています。
たくさん吹けて幸せです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-28 23:36

今日の一日

今日は午前中木管五重奏のリハーサル。
久々で吹くのが楽しい。
イベールの三つの小品をやりますが三曲目のソロが前より楽に吹けるようになった気がしました。
春にレヴァンフランセでメイエのを生で聞いたからでしょうか。

午後は帰省していたN響の伊藤圭君とランチ。
一昨日、中新田バッハホールでの演奏会も聞きに行ったのですが素晴らしかった。
昔と変わらない楽しい時間を過ごし、夜はレッスン。
先月うちの生徒を伊藤圭君にみてもらったことが自分の演奏や指導にとても大きな刺激になりました。
いま楽器の調子がいいのもそのお陰です。どう吹きたいかはっきりしていると調子が悪くなるということはない、と昔師匠に教わったことは本当でした。
気を付けることか明確だと練習もレッスンも効率がいい。

そんなこんなで、もっとうまくなりたい、と最近また強く思っています。

さて、明日からまた本番続き。
明日から二日間ホシヤマで司会の本番。その間明後日の午前中は盛岡の幼稚園でビオラとピアノとのトリオ。
金曜日は福島で木管五重奏。土曜日は東京で後輩の結婚式(楽器は持っていかないけど)
土曜日の夜は郡山に泊り、日曜日は福島県小野町でチェンバー。
月曜日は休みで来週は火木金がチェンバーの本番。

それが終れば少しまたのんびりできそうです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-25 22:44

近況

このごろ、更新がマメでなくてすみません。

空いている時間もあまりないのに、そこでやらないといけない事務作業があまりに多い。本番の分だけ打ち合わせ事項があり、それをメンバーに連絡しないといけない。嬉しい悲鳴でもあるのですが…

仙台チェンバーアンサンブルで結成から打楽器を担当してくださっていた朝倉さんが今のお仕事の関係で演奏活動の継続が難しくなり、先日エキストラをやってくれた小林君が正式にチェンバーのメンバーになりました。

とりあえず朝倉さんの楽器はそのままつかっていいということになったので当面、私が打楽器を運ぶことになります。

打楽器の方のご苦労がちょっとだけ、わかりました。
本番のたびに家から楽器を車に積むのもかなり大変です。大抵一人でやらないといけないし。

しばらくこの状態が続きそうなので遠からずある車買い替えではいまより大きい車を買うことになりそう。
次は外車にはしません。たぶん。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-24 23:56

悔しい本番

今日は午前中、文化庁の派遣で福島市の小学校で演奏。

昨日までの疲れがどうしても出てしまったのか、集中力の今一つな演奏になってしまいました。

児童にも伝わっていたらしく、最後の方で、低学年の方から

「早く帰れ」
「まだ音楽やるの~」

という厳しい声が。
クラシックを嫌いな子供を増やしたかもしれない。申し訳ない思いでいっぱいでした。

いままで、数多くの小学校で演奏してきましたが、こんな声を聞いたのは初めてでした。

落ち込みました。

でも、終わったことは仕方がないので問題点を分析して次改善する以外ありません。
そう考えれたらはっきり「よくない」と意思表示してくれた子供達に感謝できました。

山あり谷あり。
いつも完璧にできたらいいんですが…
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-21 22:37

岩手ツアー記

また数日あけてしまいました。

火曜日から今日までチェンバーの岩手ツアー(二戸、盛岡)でした。

火曜日は午後から新幹線で郡山に移動し、小学校のバンド指導。そして20:00ごろ仙台に戻ってから車で仲間を拾って二戸に移動。というただでさえ激しい予定でした。

13:00すぎ、仙台駅の新幹線改札の中のカフェでカレーを食べながら新幹線の時間を待っていると、チェンバーの朝倉さんから電話が。
「いま仕事で沖縄にいて、二日前に変える予定だったのが台風で飛行機が欠航。そのあとの飛行機も全部満席でとれない、なので今回のツアーにだれか代役を立てようと知り合いに連絡したがみんな予定がいっぱいでダメ。今回は打楽器抜きではできないか?」
という内容。

一瞬、打楽器抜きでの本番も考えましたが、その二日前に仕事先でであった福島大学の音楽科の学生、小林君のことを思い出しました。
名刺がカバンにあったのでダメもとで電話。
「急な話なんだけど今夜から二泊三日の演奏旅行に同行できない?」
という唐突な内容にもかかわらず、OKとのこと。
あとは、楽譜と使う楽器を朝倉さんのご主人に私が仙台につく時間に私の車まで持ってきてもらう算段をし、朝倉さんが出す予定だった車の変更。
メンバーへの連絡。自分も二日前に知り合ったばかりで、メンバーは誰も知らない、それも学生。
一か八かでしたが、若さにかけることにしました。

電話しながらカレーをかきこみ、13:44仙台発の新幹線の車内で諸方面への連絡。小林君に衣装と準備物、19:30ぐらいに仙台駅につく新幹線に乗るように、出発までに道化師のギャロップと動物の謝肉祭のフィナーレのシロフォンの練習しておくように指示。
とりあえず、郡山に着くころには大体の段取りが済み、15:00から小学校の指導。
そこまでの流れでだいぶテンションが上がったせいか、指導も白熱。

18:00し指導を終え、18:31郡山発の新幹線に乗り、福島で小林君に乗ってきてもらい自由席車内で待ち合わせ。
会うの2度目なのに彼の顔が神様に見えました。

そして、仙台駅前の駐車場で必要な楽器、楽譜を朝倉さんのご主人の車から私の車に積み換え、出発。
うちによって過去の本番のDVDとパソコンをもっていざ東北道へ。
道中で本番のCDを聞きながら解説し、サービスエリアで楽譜の説明。

日付が変わるころに二戸に到着。

パソコンとDVDを渡し、「ボディパーカッション」のコーナーをよく見ておくようにお願いしてチェックイン。

翌朝、ホテルのフロントでメンバーに紹介。
会場の学校はすぐそば。
9:00入り、11:00本番なので打楽器の入る曲を足早にすべて練習し、全体の流れを確認。
こういうとき、チェンバーのメンバーの一体感をすごく感じます。みんなが本当に協力的。

そして、本番。

予想以上の健闘でバッチリのできでした。
メンバーからも大きな拍手。
プロと演奏だって初めてのはずなのに、えらい。よくがんばった。

そして、その日は宿泊先の八幡平リゾートホテルで歓迎会状態になりました。メンバーからも大絶賛。
温泉に癒され、今日も本番。

2回目にしてすっかり落ち着いた感じになり、器の大きさを感じさせました。

そして、コンサートはいつもどおりの大成功。

ピンチを切り抜けました。
小林君には本当に感謝でした。

ピンチの緊張感と、乗り越えた達成感に満ちたツアーでした。

しかし、いろんなこと、あるものです。それも、いろいろなアクシデントに見舞われるのは岩手ツアーが多い(季節はずれの大雪、予想外の渋滞、そして今回の一件)
でも、今回はいくつも奇跡が重なり、結果的には大成功に終わりました。
感動しています。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-20 23:25

感慨

今日のサロンコンサート、パンフレットをお店に添付ファイルでメールしたつもりがとうやらついていなかったらしく、急遽お店のパソコンで曲目と演奏者の名前だけ印刷して配っていただきました。

演奏はというと、楽しい、っていうのとちょっと違う本番でした。ポジティブなのですが楽しいのとは違う、喜びみたいなものが静かに溢れる演奏会でした。
曲はメンデルスゾーンだから激しいところもあるのですが、私にとっては高校の後輩であり、初めて音大に入れた生徒でもある加藤君が留学から帰ってきてすっかり立派になって(高校生のときから立派でしたが)一緒に演奏していることに感動していました。

よくよく考えてみると、彼が高校を卒業してからきちんと着替えるような本番をしたことがありませんでした。
なので感慨の大きさもひとしおでした。
昨日まで、まさかそんなに自分が感動するなんて思っても見ませんでしたが、いつくるか予測ができないから感動なんですね。

楽器教える仕事してよかったな。
と今日ほど思えたことはありません。

と言うわけで、次のサロンコンサートは10/27。ヴァイオリンの岡さん、ピアノの山形くん。この夏秋何度か一緒に動くユニットです。

次も頑張ろう。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-15 23:06
明日のホシヤマサロンコンサートは元弟子の加藤君と一緒に演奏します。

かつては私が教えていましたがいまは逆に私がクラリネットのことをいろいろ教えてもらっていて、とても勉強になります。
加藤君がグランドデュオコンチェルタンテ全楽章を吹きます(私が三楽章だけ吹くかも、と言っていたのは私の勘違いでした。自分で「全部吹いてね」と言ったことを忘れていたらしい。)。
とにかくカッコいい曲です。シビれます。

明日は18:00から。仙台駅前アエル2階のホシヤマ珈琲店です。飲み物代だけで聞けます。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-14 17:52

楽器の調製

一昨日から久しぶりに楽器をリペアに。

たぶん年明け以来なのてさすがにタンポは毛羽立ってるし、色もちょっと茶色いのがいくつか出てきてました。ただ
あれだけハードに使っていたわりにはまともかも。

一泊二日で預かってもらって調整、タンポ交換後はなりもよくなり、スッキリしました。

そして、修理のあと、リガチャーを選ばせてもらい、購入。
モリタ管楽器サービスのリガチャーは大人気で、発売から使っていますがどんどん改善されていきます。
今回は銅の比率が高いメッキ出そうで、音のまとまりが気に入りました。

修理して、りを変えるとすごく新鮮なきもちで楽器をを向き合えました。

またこの楽器でたくさんのひとに音楽を届けるのがたのしみです。

その後、夜、帰宅後は最近のマイプーム。銀河高原ビール。幸せな味です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-13 00:01

胎教コンサートで

今日は「胎教コンサート」で演奏しました。

櫻井さん、渡邉さんとの共演はとても楽しくて、後半とてもノリノリになってしまいました。ニューシネマパラダイスメドレーが特によかった。
コンサート自体も好評だったみたいで主催者の方もとても喜んでくれました。
たくさんの人に喜んでもらえることがとても嬉しかった本番でした。
そして、久しぶりのホールでの本番も緊張感があってよかったです。

そして、本番後喜多方に移動。
明日は会津地区の楽器別講習会です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2012-09-08 23:04