クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

新しいホームページ

新しいホームページを公開しました。

http://solfamusica.wix.com/kanomitsunori

です。まだ手直し中ですがとりあえず公開しました。
それにともない、このブログの更新も今日でいったん終了し、今後は新しいホームページの方にあるブログを使用したいと思います。
(使い勝手が悪かったらまたこちらに戻るかもしれませんが・・・)

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-31 21:36

FACEBOOKで

FACEBOOKで仙台チェンバーアンサンブルのページの「いいね」を増やそうと、小林君と一緒に友達ほぼ全員に招待を出してみました。

結果は80から一気に3倍の240以上に。
いいねをくださったみなさん、ありがとうございます。

こうしてこのブログはやっていますがもっと情報公開の仕方を考えていこうと年明けから考えていました。前にも書いた新しいホームページももう間もなく公開できそうです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-28 22:34

マウスピース

年末、N響の伊藤君にマウスピースの選定をお願いして、年明けから本格的にそのマウスピースを使っています。

このところなかなか自分のが選べなくてちょっと悩んでいたので思い切って選定をお願いしました。
抜けの良いのがいい、と思っていたのですが、選んでもらったのはちょっと「止まる」感じ。
最初は?でしたが慣れてくると抵抗感がちょうど良くなってきました。
音の明るさが全然違って、先日のホシヤマニューイヤーの録音を聞くと明らかに音が良くなってる。

いままでの自分だったら選ばない感じでしたが、目から鱗でした。

今日は5月の山形佑輔君のリサイタルの合わせ。
8年ぶりのブラームスのトリオ。
当時と楽譜の見え方が全然違う。

昔はなんにもわかってなかったんだなあ。

いろいろありながらでも勉強を続けてきて同じ曲が違って見えるようになると、ちょっとは自分の成長を感じます。塚野さんにも「成長したね」と言ってもらえました。
音楽のもつ表情や音色のイメージなど、8年前よりもその場その場の調性感やリズムの変化などに敏感になれていて一つ一つの音符が愛おしい。もっと曲の分析ができるようになってさらに音楽の魅力を共演者、聞く方と共有できるように勉強したくなりました。
またこの曲を塚野さんと演奏できることが本当に幸せです。

山形君のリサイタルは5月8日です。チラシができたらご案内します。
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-27 22:57

アンコン

今日は当初予定にしていたレッスンがインフルエンザのためキャンセルになりました。

なので宮城県のアンサンブルコンテストを聞きに。

高校でひとつ指導に関わっているところがあり、そこを聞きにいきました。
良い演奏をしてくれて、あとちょっとで県代表、という感じだったようです。

全体の3分の1聞きましたが他の団体の演奏もとてもすばらしく、レベルの高さを感じたことと、これからどんな指導をすればいいかということを考える時間にできました。

よく考えてみると、このところ夏のコンクールもアンコンも審査する以外はなかなか本番を聞きにいくことができないでいましたが聞きにいくとやはりいいものです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-26 22:32

幼稚園で

今日は太白区のある幼稚園で本番。

実は前から知っているレストラン、「イル・ゴロゾーネ」のオーナーさんの幼稚園でもあり、久しぶりの再会でした。
藤井オーナーは声楽家でもあり、子供達への歌の指導も熱心にされているので最後に聞かせていただいた歌が本当に上手で、なんと第九のドイツ語で歌っていました。すごい。

帰りにもいろいろなお話で盛り上がり、また面白くなってきそうな話題もでました。
本当に人とお話しするといろいろなことが出てくるものです。

今週は本番続きで明日からはホシヤマニューイヤーコンサートです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-22 23:27

マイブーム

時々書いていますが、いろいろ飲み物にこだわるのが好きでミネラルウォーターからお茶、コーヒー、お酒はほどほどにいろいろ家で楽しんでいます。

今年の冬はスープ。

東北道あだたらサービスエリア限定商品のブラックペッパーしいたけスープがこの冬のマイブームです。
c0002528_2159446.jpg


椎茸のダシとブラックペッパーの辛さがいい感じです。
袋も小さくて持ち運びしやすいので本番のときに控室で仲間に振るまったりするとすごく好評です。
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-19 22:00

発熱

昨日、突然風邪をひきました。

朝から調子が悪く、午前中チェンバーのリハーサルでも指先が冷たかったので危険な感じでしたが午後になっていよいよ熱っぽくなってきました。
午後は詩人の星乃ミミナさんのご自宅へ伺う予定があったのですが、つく頃にはいよいよ本格的に具合が悪くなっていました。
ミミナさんも心配してくださって、たまたまいただいていたというルルドの聖水を飲ませていただいたりしましたがだんだんなにも口にできない感じになってきたので帰宅。熱を測ったら38度。
即病院に行きました。

インフルエンザだったらどうしよう。。。明日も本番。
と心配がありましたが関節痛と咳がないので大丈夫とのこと。結局「咽頭炎」と診断されました。
「これから熱が出ると思うけど土曜日には下がるから大丈夫」と先生。
明日本番なんです。とは言えず、薬をもらって帰りました。

帰宅してとにかく水分を大量にとり、寝ました。
それと、ヒーリングの師匠や耳鼻科でバイトしている友人にアドバイスをもらい、あえて抗生物質はとらないことにし、いつも飲んでいる乳酸菌のサプリメントを多めに飲み、首を冷やしたり、レイキヒーリングしてもらったり、やれることは尽くしました。
その一方で万一のために本番のエキストラを頼んでおき、復興センターやチェンバーのメンバーにも事情をメールで説明し、対応を依頼。
一番酷いときで38,6度まで熱が上がったので一時は万事休すかと思われました。

ですが、夜遅くからだんだん熱が下がってきて、なんと朝には平熱に。

結局、当日の入り時間だけは送らせてもらったものの、当初の予定通り自分で運転して会場に行き、演奏できて司会もいつも通りにできました。
【文化庁派遣事業】こどもの国幼稚園へ

みなさんに心配していただいて祈りが通じたのか、やっぱり本番だけは・・という体質なのか。
ありがたいことです。

同時に、一人の身体ではないということを実感。
自己管理ですね。心身ともに。

メンバーの一人には「知恵熱じゃないの?」と
いままでそんなのなったことないのですがどうなんでしょう。

そして本番の後はたまたま近所だった泉のアウトレットでバーゲンを眺め、夕方は予定通りレッスン。

帰宅したらさすがに疲れが出て先ほどまで眠りました。
とりあえず再発しそうな気配はないのですがもうちょっと用心しながら生活しようと思います。
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-18 00:22

アメージンググレース

ちょっと時間ができたのでチェンバーのCD「幸せの星の木」からアメージンググレースだけYouTubeにアップしてみました。

仙台チェンバーアンサンブルのページ

よかったらご視聴ください!
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-15 11:10

ショールームでの演奏

11、12日と名取市のおのやリフォーム倶楽部の仙台南ショールームさんで演奏させていただきました。

事前に伺って打ち合わせをする時間がなく、曲目などの要望も特になかった上、チラシなどの告知には「ジャズコンサート」と書いてあり、ちょっと面食らってしまいましたが今回偶然にポケットサイズソナタやアイガットリズムなどのジャズっぽいものがおおく、クラシックらしい曲は一つもなかったのでなんとかなりました。

お店はとても素敵な家具と雑貨であふれていて若くて元気なスタッフのみなさんもフレンドリー。
想像以上に快適に演奏させていただくことができました。
c0002528_10424529.jpg


二日間で30分のステージを4回、楽器を組み立てながら演奏する「クラリネットつくっちゃった」からはじめました。楽器のパーツをお店のオブジェにまぎれておいておき、そこからとって組み立てていく、という趣向もまあまあ好評。こういう演出。燃えます。
そして、アンコールの「だんだん小さく」。

お客様もですが、スタッフの皆さんがとても喜んでくださったそうで、また次も、というお話をいただきました。

やっぱり、人前で演奏することは幸せです。
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-13 10:48

オルガン

先日、平日の昼間に教会でオルガンを練習させてもらいました。

教会で聴くオルガンの音は格別です。
間違いながらでの演奏ですが、アーメン終止のところをペダルまで使って弾いてみると涙が出るほどの美しさです。

ハーモニーって、もちろんいままでだって美しいと思っていましたが教会でオルガンで聞くとドミナントの緊張感やトニカの開放感などの響きの性格がピアノやオーケストラ、吹奏楽で聞くよりも一層デフォルメされているように聞こえます。
下野先生がコラールを勉強して感じなさいと言っていたことがまた実感として入りました。
本当はどんな楽器でもこの緊張感が大事なんだなあ。と。

そう思ってクラリネットでも楽譜を見ると楽譜の見え方がやっぱり変わるし、ブレスの取り方も変わってくる。

時々、オルガン弾きにきてもいいよ、とのことなので行こうと思います。
ミサの賛美歌の伴奏も本当はやりたいのですが、日曜日の午前中を空ける勇気がなかなか・・・
[PR]
by clarinette-kanou | 2014-01-13 10:48