クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新年初本番

今日は角田市の総合保健福祉センター「ウェルパーク角田」のロビーでの復興コンサートでした。
メンバーはエニグム。

やっぱり本番はいいなあ。ということを実感しました。
実は年末年始の抜け殻状態から脱出できずしいました。
ですが、やっぱり本番になるとテンションもあがり、楽しくできました。そしてとても喜んでいただけて、演奏できることに感謝でいっぱいでした。

今日の用事はそれだけだったのでいまはうちでたまりにたまった雑用をこなしています。
明後日の本番はかなり久々のソロ本番ということで結構緊張です。このためにチェンバーの小林君に新曲を書いてもらいました。なかなか美しい曲です。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2014-01-09 17:18

iPhone

実は先月から携帯がiPhoneになりました。5sです。

これでMacBook Air、iPad、iPhone、iPodとそろってすっかりアップル信者です。

そして、便利!

いまはいろいろとアプリを探していれていますが、「寝たまんまヨガ」という音声アプリ、仰向けになって聞くだけで結構休めます。眠れない方、疲れが取れない方におすすめです。アンドロイド版もありましたがいままで知りませんでした。

音楽の方でも、iPadでスコアを見られるアプリが超便利です。
ペトルッチ楽譜ライブラリーと連携してダウンロードできるし300円でオプションをつけるとチューナー、メトロノーム、表示されているスコアの音源をYouTubeで自動検索、そして録音アプリ、かきこみなどもできるようになります。
すごい時代になりました。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2014-01-07 00:25

しごとはじめ

通常営業再開しました。
厳密に言えばおとといもレッスンしましたが今日は一日レッスンでした。
年末年始は初売りにもいかず、大晦日、元旦、2日とできるだけ仕事と関係ないことをしていました。
あまちゃん総集編の録画を見、三谷幸喜のエッセイを読み、年末のNHKスペシャル「神の数式」の録画を見、あとはだいたい寝ていました。
こんなにパッシブに過ごした年末年始は初めてかも。
3日は茶道の先生で新年のお茶会もありました。
昨年は正座しているだけで精一杯でとてもお菓子やお道具を堪能する余裕がありませんでしたが今年はいくらか楽しむことができました。
戦国時代のお茶杓を拝見したときはちょっと手が震えそうでした。
11、12月と忙しくてお茶のお稽古にいけなかったことも精神的に結構きつかったです。お茶のお稽古の時間にだいぶ気が静まることがあるので。

ところで、年末マウスピースを換えました。
このところ生徒のマウスピースは良いのが選べるのに自分のとなるとなぜかあまりよくなかったので思い切って友人に選定をお願いしました。
自分で選ぶと同じ傾向のものになってしまう、でも変わりたい、と思っていたのですが選んでもらって最初に吹いた感想は「重い」でした。
ですが、録音してみると音の響きと芯が違う。
あとは慣れの問題です。

テレビをつけながらMacをいじっていたのですがNHKでやなせたかし先生の話をしていました。
アンパンマンのマーチの歌詞があんなに深いなんて、知りませんでした。

「なんのために 生まれて なにをして生きるのか
答えられないなんて、そんなの嫌だ」

番組のなかで街頭でここだけ見せて「何だと思いますか?」と効かれた人が「哲学だ」とか「ジョンレノン」と言っていたけど、この歌詞を見たらとてもアンパンマンだとは思えないと思う。
番組の後、ネットで歌詞を読んでみて、感動して泣けました。
やなせ先生の創作活動は壮絶な戦争経験からきているそうですが、後世に平和を残したかったんだろうな、と強く感じました。
歌詞を見ながら、自分の音楽活動でなにができるだろう、という問いかけをしています。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2014-01-05 23:11
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の年末年始はかなりばっちりお休みをいただいています。

元旦は自分の原点を思い出す出来事がありました。

うちはカトリックのクリスチャンで、私は物心ついたときには日曜日に教会に行くことは当たり前、という子供時代でした。

小学生の頃は「侍者」と呼ばれる神父様のミサの助手。
中学生になって両親から「オルガンでも弾いてみたら」という軽い一言でミサの賛美歌の伴奏をしていました。
といっても、当時ピアノを習っていた訳でもないので全然弾けなくてだいぶ迷惑をかけていたように思います。
でも、聖歌のハーモニーは大好きで、うちで練習しながら弾けるところだけは悦に入っていた覚えがあります。

今日、元旦のミサに行き、ミサ後、ちょっとだけオルガンに触らせてもらいました。
さすがに中学生のときよりは譜面も読めるようになっているので昔弾くのに苦労していたところも少し楽になっていましたが、それより、聖歌ってなんて美しいんだろう。

和声の動きの面白さとオルガンの音色の美しさにハッとさせられ、感動しました。
いつも好きで音楽をやっているはずなのにこの瑞々しい感動、久しぶり。心が躍っていました。

いままで考えたことがなかったけど、実は管楽器を始める前から教会で聖歌を歌うことで音楽にはずっと触れていて、それが今に至るまで自分の根っこにある。
「グローリア」や「サンクトゥス」など、ミサ曲の歌詞も分かるし、「パーテルノステル」の祈りも全部暗唱しているし、聖歌の間で歌うレシタティーヴォの感じも自然に身体に入っています。
軽い気持ちで息子に「オルガンやってみたら」といってくれた両親にも感謝の気持ちが湧きます。

これから、ちょくちょくオルガンを弾きに行ってみよう。
ちょうど、下野先生からもヴェロ先生からもハーモニーの勉強をしなさい、というアドバイスをいただいていたし。

新年早々、いいことがありました。

実はもう一つ、昔を思い出す出来事があったのですがそれはまた書きます。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2014-01-02 00:37
今年も残すところあと一時間あまり。

みなさま、どのような一年でしたでしょうか。

私の2013年は「忙」でした。

いつも忙しいのですが今年は特に公私ともに忙しい一年でした。

4月まではチェンバー一色の生活で10月にはCDを発売、メンバー全員で最初の500枚は売り切りました。おかげさまで好評です。

そして秋はひたすら本番本番。
そのなかで若い仲間が増えたことも収穫でした。

そして年末は指揮の勉強を。
肋間神経痛になるほど神経を使いますがやりがいがあり、楽しいです。

2014年も変化の一年になりそうな予感です。

たくさんの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

実はいま新しい私個人のホームページを準備していて、ブログも移転予定です。
公開時期は未定ですがそれまではこちらを続けます。

来年もよろしくお願いいたします。
感謝をこめて、「よいお年を!」
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-12-31 23:03

年の瀬となり

仕事納めも終わり、今日は久しぶりの一日オフでした。

やっと髪を切り、たまっていた雑用をこなしながら休んでいます。

10月あたりから本当に休みなく動いてきたので一気に体調が悪くなりそうな気配もしますがなんとか軟着陸できるように休みたいと思います。

この秋は精神的にも肉体的にも極限状態が続きました。

ただでさえ時間が空いていなかったのに指揮の講習会の準備などのストレスがかかり、またそこに来て講習会で言われる課題を自分の中で落とし込むのにものすごい精神的に苦しみました。
一度は音楽活動を全部投げ出したくなるほど大荒れもしましたが最後はやはり仲間に助けられました。

年内は人にあって話をしたりするだけなのでいつになく落ち着いた年末年始。
年明けは3日からレッスンです。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-12-28 22:36

一段落

12月も早くも半ばとなりました。

年内の本番もとりあえずたいぶ落ち着き、今日のチェンバーで一段落。
あとは主にレッスン。受験生とソロコンとまだアンサンブルが終わっていない学校さん。

そして、今年もたくさんの忘年会。

ブログもがんばります。





[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-12-12 22:34
11月30日から3日間上野学園の下野竜也先生の指揮マスターコースに参加してきました。

指揮者を志している若い方、すでに指揮者として活躍されている方、自衛隊の音楽隊の幹部候補の方、そして私と同年代でもがんばって勉強している方々と一緒に勉強させていただきました。
下野先生のレッスンは厳しさの中にもそれぞれの受講生のことを思いやってくださっていることが分かるものでした。
私もはっきりと弱点を指摘されました。
一言で言うと「棒が振れても音楽ができるとは思うな」
もとより、それは覚悟していたので逆に言われてすっきりしました。そして、これから勉強することが明確になりました。
ブラームスの4番は非常に難しい曲でしたが本当に美しい曲でした。
復習してまた振りたいです。

打ち上げも最後まで参加させていただき、すばらしい皆さんと時間を共有できて本当に幸せでした。

初日のレッスン後は銀座のヤマハで次の指揮のレッスンの課題の「田園」の大判スコアとカーボン製の指揮棒を購入。
二日目の夜はN響の伊藤君と元弟子の加藤君と新大久保で韓国料理を。

朝から晩まで本当に濃密な三日間でした。

今朝の新幹線で仙台に戻り、明後日のホシヤマでのハープとのリハーサルとレッスン。
また本番とレッスンの日々です。
今月は本番が少なくてレッスンがメイン。

そして15日にはパスカル・ヴェロ先生の指揮の講習会です。こんな短期間に指揮の講習会に2度も出られるなんて楽しみで仕方がありません。
思えば、昨年ヴェロ先生の講習会で指揮を見ていただき、その後半日聴講をして感銘を受けたことでまた指揮を勉強する気になりました。
あれから1年、多少は成長しているといのですが、これからカルメンとペールギュントのスコアリーディング始めます。



[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-12-03 23:13
はさま吹奏楽団が終わったら少しは更新できるかなと思っていたら全然そんなことはありませんでした。

今月、よくよく確認してみたら17本の本番があったことに気がつきました。
うち、1回は先日の指揮での本番、チェンバーが3本、木管五重奏が4本あとはスーパーバンドとかトリオでの演奏。相方はフルートだったり、サックスだったり、ヴァイオリンだったり。
フルートとのトリオも3人のフルーティストと演奏するのでだれと何を吹いたかごちゃごちゃです。

先週はチェンバーのツアーで丸森の山奥の全校児童14名の学校で演奏したあと秋田県横手市に移動。
翌日は横手の大雄というところのホールで公演をしてきました。
一応ホール主催公演ということで、いってみたら思ったよりも大きい本番で驚きました。

一つ一つの本番でみなさんにとても喜んでいただけることがなにより幸せです。

そして、その合間に吹奏楽のアンサンブルレッスンや個人レッスン。

そして、、、今週末にせまった上野学園の指揮マスターコースのためのブラームスの勉強を時間をつくってやっていました。
とても複雑ですがブラームスは大好きなのでその世界観に浸っています。転調のしかたとか、本当にすごい。
指揮の練習も二人のピアニストに協力してもらって1、4楽章を練習しました。
週末のマスターコースではコテンパンにやっつけられると思いますができるだけのことはして臨みたいと思います。

明日は午前中相馬で木管五重奏の本番。午後は指揮の練習をさせてもらって来週のホシヤマスペシャルコンサートのためのハープとの合わせ。ハープと初共演。「キッチンガーデン」を指定通りハープでできるのが非常に楽しみ。
夜は指揮のレッスンを受けます。


[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-11-28 00:34

濃密な1週間

この1週間、超濃密でした。

土曜日のスーパーバンドは唇の感覚がなくなりそうなほど吹きました。(つまり、ちょっと噛み過ぎなのですが)
そしてその日のうちに佐沼へ移動。夜ははさま吹奏楽団のリハーサル。

日曜日ははさま吹奏楽団の定期演奏会。
いままで自分が指揮した中では一番の演奏だったように思います。
c0002528_00374244.jpg

仲沼君に委嘱した新作のマーチも好評。
そして自分の中で一番大好きだった「エルザ」がアンケートで一番好評だったことがうれしい限りでした。

そして・・・・月曜日佐沼から帰宅したら1通の手紙が。
上野学園から11月30日から3日間の「下野竜也先生による指揮マスターコース」の受講許可の文書でした。
実はダメ元で受講申請書をだしていたのですがなんと書類が通ってしまいました。
うれしさ半分、同時にこれから半月の間にブラームスの交響曲第4番を全楽章指揮できるようにしておかなくてはいけないことに戦慄。
即ネットで大判スコアを注文し、指揮の師匠と指揮レッスンのピアニストに連絡し、レッスンをお願いしました。

そして、その緊張感を抱えたまま火、水はいわきへ。
2校の小学校で演奏。
ブラームスのことでだいぶテンパっていてちょっと集中力を欠いた演奏になってしまいました。反省。

とにかく、明日からエネルギーを総動員してブラームスと向き合います。
ブラームスは大好きな作曲家なので燃えます。






[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-11-14 00:48