クラリネット奏者・叶光徳の日記です


by clarinette-kanou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ここまで・・・

長らく更新せずすみませんでした。

例によって忙しく、なかなか自分のブログまで手が回っていません。

10月に入ってから、チェンバー関係の本番が続いていました。
まず、10月に入って3、4と電力スクールコンサート、6日には仙台駅での本番。
6日の仙台駅での「杜の都コンサート」はスタンディングオベーションが出るほどでした。
そして、8日にはいよいよ初のCD「幸せの星の木」が手元に来ました。
これから店頭で売ってもらうお店をお願いしたり、ホームページ上での販売の準備をしたりもしないと行けないのですがまずはメンバーそれぞれで売って行くことになっています。
その件はまたお知らせします。

8日にCDを受け取ってからそのCDの段ボール5箱分をうちにおろし、打楽器を積んで9日から11日までは福島県での文化庁派遣の演奏旅行。サックスの亀井君との初共演。
サックスとクラリネットでバランスが大丈夫か心配でしたが亀井君がとても気を遣ってくれて問題なくできました。この為に小林君にお願いした新曲もとてもいい出来で、これからいろいろな場面でできそう。

そして金曜日に帰ってきて、昨日ははさま吹奏楽団の練習。
もうちょっと人数がそろえばいいのに・・・とは思いますがいてくれている方のためにも毎回同じことを練習。
演奏会は11月10日。
クラフェスと平行ですががんばります。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-10-13 12:17

駅コン

6日の駅コンのチラシです。
「せんくら」ですが仙台駅でもやっています。よかったらお立ち寄りください。
c0002528_11381215.jpg

[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-09-30 11:36

ひといき

10日以上お休みしました。

自分のレッスン、本番とその準備、そしてなんといってもひと月をきったクラリネットフェスティバルの準備で忙殺されています。

クラフェスのブログはなんとか更新していましたが自分のほうまで手が回らず、放置しました。
今週から本番ラッシュで今週もトリオで2つ、チェンバーで二日間の公演をし、来週は水曜日にチェンバーのメンバー4人でアウトリーチ、木金には美里と白石でチェンバーのスクールコンサート来週の日曜にはいよいよ駅コン。
次の月曜日は木管五重奏でアウトリーチ、水曜日から金曜日までは福島県3カ所で私とサックスの亀井君、ピアノの門脇さん、打楽器の小林君と4人で文化庁の派遣事業。
ここまで、一気に駆け抜けると次はクラフェス。

本番と言っても演奏するだけではないのでプログラムを考え、リハーサル日程調整と場所の手配、楽譜の準備、アレンジの発注、移動、宿泊を考え、リハーサル、本番。
それでもひとつひとつ、楽しくできそうなものばかりなので苦にはなりませんが時間はかかります。

明日はいつ以来か思い出せないけど久しぶりのオフ。
なにをしようか。
きっとなにもしないと思います。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-09-29 11:35

今日の一日

今日は音楽家の日常って感じの一日。

午前中はチェンバーのリハーサル。
来週のホシヤマから演奏のシーズンが始まります。
ホシヤマ、駅コンで演奏する仲沼君の新作「組曲 仙台の風景」が完成。今日初めて全曲を通しました。

タイトルはキャッチーですが音楽の内容は非常に深く、秀逸な作品です。
第1曲目「広瀬川」は「モルダウ」と「青葉城恋唄」を掛け合わせたような雰囲気のとてもさわやかな作品です。ちょうど瑞鳳殿のあたりから広瀬橋あたりまでを下っていいく、という風景がイメージできます。
第2曲の「荒城の月によせて」は描写力がすばらしいとしか言いようがない。ちょうどこの時期の月夜を思わせるミステリアスな響きともに「荒城の月」の断片が見え隠れします。
第3曲「定禅寺通」は短い序奏に続き、8分の6拍子のマーチ風の曲です。メディアテークなどの近代的な部分とケヤキ並木、彫刻など「仙台らしい」ところを軽快に表現しています。
初演が非常に楽しみ。

ランチはチェンバーのメンバーと南町通りのカフェで。台風一過の晴天が心地よく、楽しい時間でした。
午後はサンリツ一番町センターせレッスン。
このごろあまりレッスンのことをブログに書いていませんでしたがちゃんとやっています。
生徒さんに教えることがどれだけ自分の役に立っているか、今日もとてもありがたい瞬間がありました。

明日も別のリハーサル。
音楽を演奏して、レッスンして生きていられること、とても幸せに感じる一日でした。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-09-17 22:00

青森にいます

昨日から吹奏楽コンクールの東北大会を聞きに、青森に来ています。

昨日、仙台駅で新幹線の切符を買おうとしたら指揮の師匠にバッタリ遭遇しました。なんと行き先も同じ青森。師匠はオーケストラ関係のお仕事だそうですが偶然だったのでそのまま青森で一緒にお酒をいただきました。
このごろ指揮をもっとやりたいと相談していたのでいろいろとお話をきけて有意義でした。

そして今日は一日コンクール。
朝の2団体以外は小学校、高校、大学全部聞きました。疲れました。

当然ながらどの学校も上手ですが、どうもどの曲も同じに聞こえるし、技術に偏りすぎていないかなあ。と思ったりしながら聞いていました。技術を見せつけられるけど感動がないっていうか・・・
もちろん、いくつか関わったところもあるのでそれは自分の指導の課題でもあります。

コンクール後は結果も聞かず、飲みにも行かずホテルで一人ひたすらクラフェスの事務作業。
いま協賛の11社とのブースと広告の段取り、パンフレット原稿の編集、アンサンブルレッスンの段取りです。たぶんいまが仕事のピーク。

明日は中学校を聞いて、体力に余裕があったら(なさそう)一般も聞いて帰ります。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-09-14 22:57

白いパッチ

前にここに書いた「新製品の白いマウスピースパッチ」

けっこう気に入って使っています。

倍音が多く出るように思います。
滑りやすいのと加えるものの大きさが変わるためアンブシュアの加減が変わるのにまだ慣れていませんがパッチ一つでこれだけなるのは驚きです。

今週からまた演奏シーズンが始まるのでそこで本番ビュー。
どうなるか楽しみです。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-09-09 07:17

楽曲分析の勉強会

最近お世話になっている「土田京子の説き語り和声法」(ヤマハミュージックメディア)の著者、土田京子先生を仙台にお呼びしてみんなで「演奏に即役立つ楽曲分析の勉強会」をやったらいいんじゃないか。と考えています。
毎回、曲を一つ決めて分析を教わり、和声の役割や演奏にどう活かすかを勉強する。個別に質問がある人は楽譜を持ってくる。という会をたとえば1回3,000円ぐらいでやったらみなさん希望するでしょうか。
とここ数日出会う音楽関係者に提案しています。
反応はまずまず。
土田先生を知らない人がまず多いですが著書を見せると「この人ならいいかも」という感じです。
とにかく、分かるように説明してくれる方です。そして「現場で活動する講師や演奏家に必要な和声の感じ方」という観点を徹底していて「和声の知識の中で何が重要で何が重要でないか」をはっきり提示してくれます。
分析って、一歩間違うと「だから何?」みたいになりやすいですが、そこのところを演奏につながるようにしてくれます。

このブログをご覧の方でそういうことに興味のある方はいらっしゃいますか?
もしご興味あったらご連絡くださるかコメントください。
まだやるかは決めていませんがニーズがあればと思っています。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-09-05 09:56

考え事

この秋は非常にたくさんの演奏の機会をいただいています。
共演するメンバーも様々でそのほとんどを自分で構成を考えているので頭の中がかなり混乱しています。ここの本番はあの人と一緒で・・・曲は・・・次の週にも同じ編成で違うメンバーの本番があるから曲をどこまで被せようか・・・でも聞いている人の年齢層が違うからちょっと重複は難しい曲が多い・・・別の曲にしよう・・・そして同じ週にある別の本番は違う編成だから別のプログラムで・・・このメンバーだからこういう傾向で・・・だと楽譜がないからアレンジ発注しないと・・・で合わせの日程は・・・

などなど。その他にいよいよ作業が本格化しているクラフェス、音楽ユニオンでやっている「スマイルプロジェクト」の日程調整、そして自分のプライベート。日常のレッスン。
その合間に指揮のレッスンのためのスコアの勉強と和声の課題と読書をちょっとずつ。

目が回りそうですがここ数日、それぞれのことに時間を充てて集中して進めたらだいぶめどが立ってきました。
忙しいですが充実しています。いろいろと任されるということは大変ですがありがたいことです。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-09-05 01:29

和声法

今日は2度目の和声法のレッスンでした。

土田先生の楽しいお話であっという間に時間が過ぎて行きました。
土田先生の仙台の友人が私の小学校の同級生のお母さんだったという衝撃の事実まで判明。世の中、本当に狭いものです。
まだまだ基礎の基礎ですが和声的に曲をみるだけで演奏の感じ方、楽譜の見え方が変わりました。
もっと深く楽曲分析できるのが楽しみです。

明日から通常業務ですがいよいよクラフェスの準備が本格化します。
人と一緒に仕事をすることは苦手中の苦手なので皆さんに迷惑をかけないようにがんばります。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-09-02 23:28

東京にきています

吹奏楽の東北大会を尻目に実は昨日から東京に来ています。
月曜日に仙台に帰ります。
[PR]
# by clarinette-kanou | 2013-09-01 00:32